無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

*
「  あーそう。そんなの見ればわかるけど?  」
『  …  』
〈  ですよね。んで?何か用ですか?   〉
《  お前何あなたちゃんとヤってんだよ  》
〈  何でって言いましょうか?あなたの性欲を満たすためです  〉
「  …  」
《  あなたちゃんにはてひょんがいたのに?  》
〈  そんなの俺にはわかりませんよ。言ってきたのは向こうですし…  〉
〈  ひょんじゃ物足りなかったんじゃないですか?笑  〉
「  …  」
《  お前いい加減にしろよ…  》
「  じみん大丈夫。ありがと。 」
「  じょんぐくお前に一言。    で?    」
「  俺じゃ物足りないってくらい知ってんだよ笑、てか俺はこいつじゃなくても、  」
































































「 腐る程女なんているんだから、笑 」
『  …  』
〈  ひょんはモテますもんね。  〉
《  もういい。俺こいつらのことなんてしらねー。てひょん帰るぞ  》
「  おう。  」
ガチャ
〈  …本当にあれでよかったの?  〉
『  …うん。いいんだ…っ  』
〈  …そっか。じゃあもう帰るね。  〉
『  ありがとう。 』
-------------------
《  あーなんなんだよあいつら。まじ腹立つ。  》
「  やっぱ俺じゃダメだったかー笑 」
《  …そんなことねぇよ。'' 双子でも ''断然お前の方がかっこいいから。ほらハーゲン奢ってやるから。。  》
「  あ、言ったな!?絶対奢れよ!?  」
《  今日だけなwww  》
「  いぇーい!!!!!!  」
《   www   》
こっちの人生でもいいかもしれない。
明日からあなたのいない人生を歩むんだ。
どうってことない。
ただ女が1人いなくなるだけだ…
next  __