無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

*
「  …いやそんな事言ったっけ… 」
『  言った  』
「  多分それ俺があなたに嫉妬してほしくて言ったんだと思う…  」
『  え、そうなの?  』
「  ごめん…  」
『  いやなんか、、こっちもごめん  』
「  うん…  」
『  あぁ、話の続きをすると…  』
『  その言葉で、私ブスだし、貧乳だし…私なんかがテヒョンの彼女でもいいのかな?ってなって、』
『  テヒョンにシよって言われてもできなくなった…ってだけなんだ  』
「  …  」
『  ごめん、こんな重い彼女で…  』




























































「 ね、あなたもう一回やり直そう? 」
『  え?  』
next  __
----------------------------
お待たせしました🍨