第127話

〜百二十七話〜
61
2024/04/17 23:00
石神千空
石神千空
バカンスは楽しめたか?
(なまえ)
あなた
まさか、そこまでじゃなかったわよ
変なメンタリスト拾うし、刃物は向けられるし
昨日今日が一番のアトラクションみたいね
あなたはそう言うと乗っていた岩からピョンッと飛び降りた
そして、スタスタと歩きながらコハク達に近づき、コハク、金狼、銀狼と一瞥しながらサッと横を通り過ぎる
(なまえ)
あなた
武器取ってごめんなさいね
でも正当防衛だから許して
あなたの声と共にコハク達の手には重みが増した
自身の手に目をやれば、そこには先程まであなたが持っていたはずの武器達が
心底驚き、唖然としている三人を他所にあなたはある人物に近づく
(なまえ)
あなた
さっきはラーメンありがとう
約束通り、お仕事しに来たわ
あなたが唖然とこちらを見ているスイカの頭を撫でながら優しく話しかけた
スイカはそんなあなたの言葉に嬉しそうに微笑み、飛び跳ねた
そんなスイカを愛おしそうに小さく微笑みながらあなたは優しく頭を撫でた
コハク
コハク
ツ……
石神千空
石神千空
まぁ、さっきも言ったが世の中タダ食いはねぇ
ラーメン食ったやつは全員、仕事があんだ
──
───
────
(なまえ)
あなた
有り得ない……
ラーメンを食べた者達全員がクロムの倉庫前まで連れられた瞬間、あなたはそこにある物を目にした瞬間頭を抱えた
千空はそんなあなたを見た瞬間、ニヤリと悪い笑みを浮かべた
石神千空
石神千空
鉄作んのにマンパワーが足りねぇ!!
ラーメン食った奴全員にはひたすら働いてもらう!!
(なまえ)
あなた
ちょっと待って、千空君……!?
早速村人達に仕事をさせようとしている千空をあなたは慌てたように止めた
千空はあなたに止められる事が分かっていたのか、焦る事なく小指で耳をかきながら視線を逸らした


あなたはそこでやっと千空の思惑に気づいたのか、喉まで出かかっていた次の言葉を飲み込んだ
千空はそんなあなたに気づき、ニヤニヤと悪戯が成功した子供のような表情を浮かべる
(なまえ)
あなた
あなたって人は……本当に……!!
あなたは頭をかかえ、千空を睨みつける
だが、千空は口笛を吹き、あなたの言葉や表情などお構いなしだ
無表情で分かりにくいが、普段よりも悔しそうな表情を浮かべながら額を抑えた
(なまえ)
あなた
あなた……これはわざとなの?
それとも本当に村人達にあれで鉄を作らせるつもりだったの?
あなたは鞴を手にしながら千空に問いかけた
千空は何も答えないが、表情から読み取る限り、その通りだったのだと悟ったあなたは小さくため息をつき、額を抑えた
(なまえ)
あなた
(おかしい……
確かに原作ではこの時点で鞴は性能が上がっていた
なのに何で……)
これまで、この石の世界ストーンワールドで生活してきてこのように変化は初めだ
何より非合理的であり、非常に千空らしくないのだ
これはバタフライ効果というやつなのだろうか
あなたは初めての体験に額を抑え、今日一番のため息をついた
石神千空
石神千空
な〜にか問題あるか?あなた先生?

プリ小説オーディオドラマ