第128話

〜百二十八話〜
59
2024/04/18 23:00
石神千空
石神千空
な〜にか問題あるか?あなた先生?
ニヤニヤと煽るような笑みを浮かべる千空
あなたはそんな千空を一瞥すると、このような状況になってしまった全ての元凶であるゲンを思いっきり睨みつけた
ゲンは突然自身に視線が向いた事に驚いたようで、あなたの眼光に凄む
(なまえ)
あなた
あぁ、もう……分かったわよ……!!
問題大ありよ、千空先生!!
やけくそに叫んだあなた
千空はそんなあなたを見ると、悪戯が成功した子供のように嬉しそうに笑った
あなたはそんな千空に悔しそうな表情を浮かべながらも、前髪をかきあげた


『あなた先生』『千空先生』それは千空があなたをからかう時に使う呼び方だ
以前、あなたが自分達の関係性はどのような物なのだと千空に問いかけた時、面白がって呼び始めた呼び方
石神千空
石神千空
何が必要だ?
(なまえ)
あなた
その前に、高さは?
それから幅、体積も
あなたが問かければ、千空は即答でポンポンと答えていく
この辺りの地形はあなたは大体把握していた
故に、この辺りで取れる素材で、それでいて最善の物を作り出す事ができる
作る物、おおよその大きさ、数が決まったのかあなたは指で小さく丸を作った
(なまえ)
あなた
それじゃあ……あぁ……
石神千空
石神千空
あ?
千空は既に皮と炭で作ったペンをあなたに差し出していた
だが、あなたは何か重要な事に気づいたようで千空から視線を思いっきり逸らした
あなたは気持ちも顔を真っ青にさせ、目を泳がせている


自身の後ろを気にして視線を逸らした事を理解した千空は不思議そうな表情で後ろを振り向いた
そこには、複雑な表情を浮かべるの面々が
コハクとクロムは鳩が豆鉄砲を食らったような表情を浮かべている
スイカは表情は分からないが、小首を傾げている


ゲンはというと、余程あなたの反応が面白かったのか、肩を震わせ口元を抑え、俯いている
村人達は何故四人がこのような反応をしているのか分からず、黙るばかりだ
クロム
クロム
おうおう、千空!!
今から鉄作んじゃねーのかよ!?
それにその女、信用出来んのかも分かんねーじゃねーか!!
なぁ、コハク、お前もなんか言えよ!!
クロムはあなたと千空の会話内容をイマイチ理解していないようで、早速鉄を作り始めようと声を上げた
確かに、ルリを助けるためには一刻を争う
そのような時に、突然現れたあなたに、ましてや敵か味方か怪しい彼女に従うのはクロムとしては納得出来ないのだろう


クロムは自身の斜め後ろにいるコハクにも意見を求める
コハクはクロム、千空、そして最後にあなたを見ると、拳を握った
再びクロムに視線を向けると、気まづそうに口を開いた
コハク
コハク
少なくとも……敵ではないと私は考える

プリ小説オーディオドラマ