無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

いち
あなたside
久しぶりに地元に帰ってきた私は、ガラリと変わっていた周辺の風景に馴染めず、少しでも慣れるようにと散歩に行くことにした。
見慣れない店や、見慣れない公園、見慣れない家。
何もかもがガラリと変わっていた。
そこでふと目に止まったのが、少し古めの喫茶店だった。
石橋 ○○
こんな所あったっけ...
有岡大貴
あれ、お客さん?
石橋 ○○
あ、はい、笑
有岡大貴
どーぞどーぞ
どうやらこの人は、このお店の店長さんのようだ。
有岡大貴
空いてるところに座っていいよ~
そう言われて私はカウンターに座った。
有岡大貴
お客さん、ここ初めてですよね?
石橋 ○○
はい。 
東京から久しぶりに帰ってきたら見覚えのない喫茶店があったもので...
有岡大貴
そうでしたか((ニコッ
東京にはいつから行っていたんですか?
石橋 ○○
2年前ですかね、。
有岡大貴
ここは、ちょうど1年前に出来たんですよ~
石橋 ○○
だから見覚えなかったんですね~
有岡大貴
あ、お名前お聞きしてもよろしいですか?
石橋 ○○
石橋あなたです。
有岡大貴
あなたさんですか。
いいなまえですね!
石橋 ○○
あなたのおなまえは?
有岡大貴
僕は有岡大貴です!
有岡大貴
ここの店長です!
石橋 ○○
あの、注文いいですか?
有岡大貴
よろこんで!
石橋 ○○
ミルクココア1つと、チーズケーキひとつで
有岡大貴
少々お待ちください!
カランカラン...
有岡大貴
いらっしゃいませ~
客
ブラックコーヒーひとつで
有岡大貴
少々お待ちください。




·····
有岡大貴
はいあなたちゃん!
ミルクココアとチーズケーキ!
石橋 ○○
ありがとうございます ((ニコッ
有岡大貴
ゆっくりしてってねー!
石橋 ○○
はい!
大貴くん...?
凄く明るくていい人だなぁ...
もっと仲良くなりたいな~、!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まめちち
まめちち
🎀 有岡大貴 君 🎀 大西流星 君 🎀 大橋和也 君 🎀 佐藤龍我 君
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る