無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
莉犬
ごめーん!待たせちゃった?
あなた

あ!莉犬!全然大丈夫!

莉犬
あのさ…来てもらってあれなんだけど…
莉犬は申し訳なさそうに言う
あなた

どうしたの?

莉犬
ここだと嫌だから家来ない…?
なんだ、そんなことか
あなた

いいよ!今から行こ。

そういえば莉犬引っ越したって言ってたけどどこら辺なんだろ…?
-家までの道-
莉犬
あのさ、俺シェアハウス…?っていうか、
莉犬
友達と住んでるんだ、
あなた

そうなんだ!仲良いんだね!

莉犬
うん!で、友達居ても大丈夫?
あなた

私は全然!

莉犬がシェアハウスとか以外
昔は私だけだったのにな
今はしっかり友達沢山の作ってるんだね
よかった、‪w
莉犬
ここだよ!
あなた

お!ここか!

莉犬は鍵を開けて扉を引く
莉犬
たっだいまぁー!
と元気な声で言う莉犬
私は
あなた

お邪魔します。!

そういい靴を揃える
莉犬
みんなー!俺の幼なじみで婚約者のあなた!
と莉犬は私のことを説明する
あなた

根谷ねやあなたです。

そういい私は深々とお辞儀をする
さとみ
っえ?
その時聞き覚えのある声が頭の上から降ってくる
あなた

え?

さとみ
あなたちゃん?
あなた

さ…とみ…くん…