無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第7話

# ③
 











_________________









撮影はじまったよぉー





死にそうだよぉー






雄輝くん の衣装前開いててセクシーすぎるわもう 。





えっちいな。







カメラマン《 まずベッドに2人で向き合って抱き合う感じで座って! 》








『 はっずいぃ… 』








古川『 これより恥ずかしいこと普段してるから大丈夫でしょ 。 』






『 あー!!何 急になに言い出すと思ったらぁ…! 』







古川『 ごめんごめん 笑 』








カメラマン《 はーい、古川くんそのまま あなたちゃんの肩に噛み付いてー! 》








古川『 ちょっとごめんね 。』





『 ん、っ… 』







カメラマン《 いい感じ~!そのままあなたちゃんの首に手回してー! 》







古川『 ん、 』







カメラマン《 OKOK~!次は 古川くんのネクタイで あなた ちゃんに目隠ししてねー! 》








古川『 痛かったりしたら言って、。』






『 うん… 大丈夫 。』







カメラマン《 そんでそのまんま押し倒して~!あなた ちゃんの手を上で片手でつかんで! 》





古川『 こう、ですか? 』






カメラマン《 いいよ~!次は首輪もして あなた ちゃん四つん這いになって四つん這いになった後ろに新田くん あなた ちゃんの腰掴んで~!首輪をベッドの柵に繋いで! 》




私はもうなされるがままやぁ〜😇





古川『 首輪大丈夫?きつくない? 』





『 大丈夫 。』







カメラマン《 いいよいいよ~!古川くんは あなた ちゃんを見下す感じの表情で! 》






目隠ししてるから表情見れないぃ…




見たいぃ…




カメラマン《 はーい!次は あなた ちゃんの衣装に手かけて!紐半分ぐらいほどいて~! 》






あれっ? anan ってこんなえっちい やつだっけ?()





古川『 ほどくよ? 』





『 ん、』







カメラマン《 いいね~!じゃ次シャワールームでの撮影でーす! 》







古川『 紐大丈夫?ほどいちゃったけど… 』






『 うん!結び直したからおけっ! 』






カメラマン《 はーい、あなたちゃん 古川くんに抱きついて首に手回して! 》






『 ちょぉーとごめんね 。 』





古川『 大丈夫 。』





カメラマン《 で、古川くん あなたちゃんの腰にそっと手回して紐掴んで~! 》







『 くすぐったいっ、… 』






カメラマン《 その表情いいね~!次シャワー出るからそれで濡らして! 》





古川『 濡らすよ? 』




『 おっけーい 。』







カメラマン《 あなたちゃんワイシャツ肩から落として~! 》





『 こうかな…? 』





カメラマン《 もうちょいぐっと! 》





_______