無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

# ②








スタッフ《 花園さんがこっちの衣装で、古川さんこの衣装に着替えてください 。》






『 はい 。ありがとうございます 。 』







古川『 ありがとうございます 。』











いや明らかにこれ下着じゃん!






しかも紐パンのやつ!になんかぶっかぶかのワイシャツみたいなやつ …





『 え、これ?えぇ… 』





アカァァァァァァン(叫)






古川『 いや、俺のは普通だけど… あなたのは? 』







『 ぽんちゃんの何? 』






古川『 黒のスキニー?に白いワイシャツみたいなやつとネクタイ 。あなたのは? 』







『 これだよ… 』







古川『 ぇ…これ?ほんとに? 』







『 本当なんだわ。まぁ、着替えてこよう 。』







古川『 う、うん… 』




_______________________





着替えたぜい✌






いやぁ…これ…




やっぱ


アカァァァァァァン(二回目)





ちょっと私には早いかな…





だって、上はただ黒のちょっと透けてる下着で 、その上にぶっかぶかの白ワイシャツ着てるだけだよ!?







なんで透けてるん?





しかも下、黒の上の下着とお揃いの透けた紐パンだし …





うああ😭神さまぁぁぁ!!







古川『 え、あなた?あなた? 』







『 そうですよあなたですよどうかしましたか雄輝く゛ん゛、』







古川『 え、撮影中これ我慢できるかな… 』




ハイ? イマナント …




『 ん?なんて? 』






古川『 いや、なんでもない 。』





『 そう 。あ、撮影はじまるって~! 』





______________________