無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第82話

80
あなたSide




あなた
あなた
うぇーん!(泣)
兄貴
兄貴
泣くなよっ、ほら、俺のあげる。
あなた
あなた
あ、ありがとう
兄貴
兄貴
うんw

何?これ。

俺なの?じゃあこれは夢?


小さいときの俺と兄貴だ。

こんなことあったっけ?
あなた
あなた
にぃ?
兄貴
兄貴
なに?
あなた
あなた
にぃはさ、俺のこと好き?
兄貴
兄貴
………………
あなた
あなた
にぃ?
兄貴
兄貴
俺がお前を好きだって?笑わせないでよ。
あなた
あなた
に、にぃ?
兄貴
兄貴
誰がお前なんか好きなるか。
お前なんか弟じゃない!
あなた
あなた
え?……………


そのまま兄貴は走っていった。

なにこれ。俺に何がさせたいの?こんな夢見せて。

あなた
あなた
うっ、にぃ……(泣)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ななもり。Side




さっきっからあなたくんがうなされてる……

体を揺さぶっても起きないし、なぜか涙が出てる。

あなた
あなた
(泣)
ななもり。
ななもり。
あなたくん!あなたくん!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
あなたSide



誰かが俺の名前を呼んでる。

兄貴じゃない。優しい。包み込んでくれる優しさ。

安心する声。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ななもり。Side


ななもり。
ななもり。
あなたくん!!
あなた
あなた
ん、
ななもり。
ななもり。
起きて!
あなた
あなた
なー、くん?
ななもり。
ななもり。
良かったギュ
あなた
あなた
どうかしたの?
ななもり。
ななもり。
どうかしたの?って………
泣いてるじゃん。
あなた
あなた
え?

あなたくんは自分の右手を自分の頬へと持っていって肌に触れた。

そして涙がついた手を見ながら悲しそうに笑った。
ななもり。
ななもり。
怖い夢見た?
あなた
あなた
うん。ある意味すごく怖かった。
ななもり。
ななもり。
ある意味?
あなた
あなた
脅かされて怖いとかじゃなくって、なんか、心の奥に来た。
ななもり。
ななもり。
ギュ
あなた
あなた
なーくん?
ななもり。
ななもり。
頼っていいから。
俺は、リーダーだから。
何でも言っていいから。
あなた
あなた
なーくんはすぐそうやってリーダーだからって…
身体壊すよ?
ななもり。
ななもり。
あなたくんの精神が壊れるよりはマシでしょ?
あなた
あなた
俺精神壊れるの?ww
ななもり。
ななもり。
ねぇ、気づいてる?
あなた
あなた
何に?
ななもり。
ななもり。
涙。ずっと流れてるよ?
あなた
あなた
………………

話している間にも、まだ涙はこぼれ続けていた。

本当に。突然泣き出して、いつものように楽しげに笑っているあなたくんはどこにもいなくて、今はその面影さえない。

あなた
あなた
なーくん。俺不安なのかも。
ななもり。
ななもり。
不安?
あなた
あなた
俺さ、みんなに全部話して、家族内でも仲良くしてて、逆に不安なんじゃないかな。
あなた
あなた
俺にとって、俺自身の秘密はいくらでもあった。
メンバーには言ってあるけど兄貴には言ってないこと。その逆もある。それが、いつもあったんだよ。
でも、今はそれがない。
あなた
あなた
喘息だって、今は全然出てない。
だから、いつかバタンって倒れちゃうんじゃないかなって不安になる。
あなた
あなた
俺にとって、『安定』は『不安』なんだよ。

そう言うとあなたくんは手で顔を覆って泣き始めた。

確かにもうメンバーに隠し事はしていない。

喘息の症状も治まっている。


それが、怖いんだよね。
ななもり。
ななもり。
大丈夫。大丈夫。サスサス
あなた
あなた
うぅっ(泣)

いつもあったものが無くなる。

例えそれが自分にとって嫌なものであっても不安になる。

あなたくんにとって、俺の言葉では言い切れないくらいの不安がのしかかっていたのだろう。

ななもり。
ななもり。
大丈夫。ナデナデ

背中を、肩を震わせながら泣きじゃくるあなたくんはとても幼く見える。

ななもり。
ななもり。
あなたくんさ、さっき自分自身の秘密って言ってたけど、秘密じゃなくてもいいんじゃない?
ななもり。
ななもり。
秘密じゃなくてさ、約束にしない?
あなた
あなた
…………約束?
ななもり。
ななもり。
うん。
いつ叶えられるかもわからない約束をたてるの。
あなた
あなた
わからないのに約束するの?
ななもり。
ななもり。
大事な人との約束は、絶対に守ろうとするでしょ?
大きな約束であるほど、大切な約束を守ろうとする。
ななもり。
ななもり。
だから、いつ叶えられても良いような約束をするの。
俺はあなたくんと約束したいな。
あなた
あなた
どんな?
ななもり。
ななもり。
あなたくんがもう2度と悲しい涙を流しませんように。
あなた
あなた
……………………
ななもり。
ななもり。
だめ?
あなた
あなた
約束はさ、2人とも平等なものを言うんだよ?
あなた
あなた
俺だけが流さないんじゃ駄目。
なーくんも流さないで。
ななもり。
ななもり。
………うん。
ななもり。
ななもり。
約束。
あなた
あなた
約束。


もうあなたくんが泣きませんように。

苦しみませんように。

そう願いながら俺とあなたくんは片手の小指を絡めて2回上下に手を振った。


あなたくんの目からはもう涙は出ていなかった。



____________________________________________________________________

ちょっとしんみりとしたお話でしたね。

約束。大きな約束ほど、ちゃんと守らなければいけませんね。
大切な人との約束を。


バイバイ