無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第97話

95
あなたSide




すとぷり運動会の後、各自自分のものを持って解散となった。

俺は小さい頃の写真とぬいぐるみをリュックの中に入れて帰ろうとしていた。

あなた
あなた
じゃあお先でーす、お疲れ様でしたー
すとぷり
おつかれー!


ぬいぐるみ、いつ捨てよう。


捨てれないんだよな。最初で最後だった家族遠足。

俺が駄々をこねてやっと連れて行ってもらった恐竜博物館。

今じゃ行っても意味ないな。



ガチャ

あなた
あなた
ただいまー


あれ?いつも走って出迎えてくれるゆきがいない。

あなた
あなた
ゆきー?
あなた
あなた
ゆきー!どこー?


リビングのテーブルの上に手紙がある。



あなたへ

しばらくゆきは俺が預かります。

もらったぜ。

あなたが大好きなお兄ちゃんより


何だよもらったって…………


しかも大好きじゃない!←ツンデレ


あなた
あなた
あぁ、
あなた
あなた
癒やしてもらおうと思ったのに

俺はリュックの中からぬいぐるみと写真を取り出して昔のことを思い出していた。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

23年前


あなた
あなた
おーねーがーい!
あなた
あなた
きょーりゅう見に行きたいの!
お母さん
えーじゃあ、自分の名前を漢字で書けたらいいわよ?
お父さん
はっはっはw頑張れよー!
兄貴
兄貴
漢字書くの?
あなた
あなた
書くもん!書けるもん!
お母さん
じゃあこれがあなたの漢字。はい、
あなた
あなた
俺のかんじー!

その後すぐに俺は自分の部屋にこもって漢字を練習し始めた。

まだ4歳だった俺にとって漢字は難しかったけど恐竜のためならと頑張れた。


ーーそして数週間後ーー


あなた
あなた
お母さん!書けた!
お母さん
書いて見せて?
あなた
あなた
………………ほら!
お父さん
すごいじゃないか!
兄貴
兄貴
すごい!
お母さん
書けるとは思わなかったわw
あなた
あなた
えっへん!
お父さん
じゃあ約束通り!恐竜見に行くか!
あなた
あなた
やっっっっっっったぁーーー!!!




ーー恐竜博物館ーー


あなた
あなた
うわっ!にぃ!見てみて!でっかいよ!
兄貴
兄貴
うわ、でか、
お父さん
きっと葉月とあなたの百倍くらいあるぞ!
あなた
あなた
俺きょーりゅうよりもでっかくなるもん!
兄貴
兄貴
じゃあ俺もでっかくなる!
お母さん
ははっw頑張ってねナデナデ
あなた
あなた
んふふーw
兄貴
兄貴
ふふっw





ーー数時間後ーー
あなた
あなた
お母さん、どこ?
あなた
あなた
いない…………
あなた
あなた
お父さん?にぃ?
あなた
あなた
いなっ、いない(泣)
モブ
モブ
ボク?どうしたの?
あなた
あなた
おかあさっいなぃ(泣)
モブ
モブ
迷子?
あなた
あなた
いないのぉー!
モブ
モブ
じゃあ受付の人のところに行こう。
おじさんも一緒に行くから。
あなた
あなた
ぅん、


《迷子のお知らせです。東京都からお越しの、あなたくんのご家族は受付までお越しください。繰り返します。〜〜〜》


お母さん
あなた!
あなた
あなた
お母さん!ギュ
お母さん
良かった……
お父さん
良かったな……ありがとうございました
モブ
モブ
いえいえ
兄貴
兄貴
あなた、もう迷子になっちゃだめだよ?
あなた
あなた
うん(泣)
兄貴
兄貴
いい子いい子ナデナデ
お父さん
ほらほら、いつまでも泣いてると写真撮っちゃうぞー!カシャ
あなた
あなた
泣いてないもん!
お父さん
ははっwさぁ!お土産買って帰ろうか!
お母さん
食べ物がいいかしらね?
あなた
あなた
俺きょーりゅうがいい!
兄貴
兄貴
泣き終わるのはや
お父さん
じゃあ恐竜のぬいぐるみにしよう!
あなた
あなた
やったぁ!


俺は小さな緑色の恐竜のぬいぐるみを買って車で帰った。

その車の中でお母さんとお父さんはこんなことを言ってた。

お母さん
あなたが迷子になっちゃってもお母さんたちが来れたのはあなたがあなただからよ?
あなた
あなた
ん?どういうこと?
お父さん
あなたっていう名前は、あなたがあなたらしくいられるための名前だからだよ。
あなた
あなた
俺が俺らしく?
お母さん
そう、あなたが一人ぼっちになっちゃって泣いてても、名前があったら誰かが呼んでくれるでしょ?
あなた
あなた
呼んでくれるの?
兄貴
兄貴
俺が呼ぶ!あなたー!
あなた
あなた
にぃー!
お母さん
うふふw
お父さん
はははっw
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



今ならわかった気がする。

自分の名前を呼んでくれることがどんなに嬉しいことかを。


泣いた写真は迷子になったときの写真、ぬいぐるみは帰りに買っていったぬいぐるみ。

そろそろ処分しなきゃいけないのか。


ななもり。
ななもり。
あなたくん?
あなた
あなた
うわぁ!
あなた
あなた
ビックリしたぁ
ななもり。
ななもり。
だってインターホン押しても出ないから入っちゃった。
あなた
あなた
ごめん、何か用だった?
ななもり。
ななもり。
これ、スマホ忘れてたよ
あなた
あなた
あ、ありがとう
ななもり。
ななもり。
それとさ、
あなた
あなた
ん?
ななもり。
ななもり。
ギュ泣いてもいいよ
あなた
あなた
…………え?
ななもり。
ななもり。
あなたくん、すっごく悲しそうな目してる
あなた
あなた
してないよw
ななもり。
ななもり。
俺知ってるよ?
あなたくんはね、泣きそうになると泣かないために笑うの。それ、見ててこっちが悲しくなる。
泣いていいんだよ?
あなた
あなた
なーくん、(泣)
ななもり。
ななもり。
サスサス
あなた
あなた
うぅ(泣)
ななもり。
ななもり。
思いっきり泣きな。