無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

恋愛💕3
好きな人には



好きな人がいて、



それが私じゃないって分かった時、



涙が止まらないんだ。



私じゃダメかな。



なんであの子なんだろう。



そう思った時、私は気付いたんだ。



私とキミは



何も始まってなかったんだ、と。



2人で喋ったこともなかったし、



告白もしてない。



“好き”って気付いた時、



ちゃんと伝えてればよかったな。



今更気付いても、



もう遅いんだよね。



次からはちゃんと伝えなくちゃ。