無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

如何して、貴女は・・・。
「はァ・・・」
俺は歩きながら大きな溜息を一つ零す。
羽那に言い過ぎたことは重々承知。
オマケに思ってもいない事を言ってしまった。
だが、あの光景を見てしまったのだ。
程良い身長差でお似合いの二人じゃねえか。
まるでラブロマンス映画のワンシーンを見せられた様で胸糞悪い。
・・・俺は彼奴に妬いてるのか。
糞、暫くは会いたくねぇ。








「何で芥川と見つめ合っていたンだよ・・・」



















































































俺は、手前のことが・・・
それなのに、如何して貴女は・・・