無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

糞鯖
「はあああああ・・・」
「中也、五月蝿いんだけど」
「今から告るこの気持ちが分かるか?」
「分からないね。振られたこと無いし」
「まだ振られて無ぇよ!」
太宰目掛けて放った拳は空に線を書いた。
静かに其れを俺は仕舞う。
「だーかーらー無駄だってば」
「っ糞が・・・大体何で付いて来ンだよ」
「面白いものが見れるかなあって」
「見せモンじゃ無ぇ!!」
もう一度、拳を放つ。
またもや拳は空に線を書いただけ。
「・・・避けられるって学習したら?」
「るせぇーよ!」
「うわ怒ってるからカルシウム不足かな?
きっとそうだ、背も小さいし」
「手前のせいだよ!」
背が小さいのも此奴のせいだ。
断じて俺のせいじゃねぇ←
「ほらほら、これから愛しい人に愛の言葉を発する人がそんなにイライラしないの。」
「手前のせいだろ」
「何の事かさっぱりだなぁー」
「手前・・・」
本当に此奴腹が立つな。
手加減無しで殺ってやろうか。
「太宰さん」
「ぬおおおおおお?!」
俺は謎の声を上げながら飛び退いた。
そりゃ驚くだろ
芥川が曲がり角に立っていたら。
「やあ、芥川君」
「お疲れ様です・・・✨」
何処か嬉しそうな芥川。
この嬉しそうな雰囲気は、絶対黒蜥蜴と俺達しか
分からない。あと、多分羽那も。
「如何して手前此処に居ンだ?」
「太宰さんに呼ばれた故」
「は?」
訳が分からねぇ。
俺は口を開けたまま太宰見た。
然し説明する気は無いらしく「芥川の言葉通りだよ」とニコッと答える。
「否、手前来ねぇのか?」
「え、来て欲しいの?」
「絶対来ンじゃ無ぇぞ」
「うわ拒絶された」
「当たり前だろうが」
「まぁ行ってもどうせ告白出来ないから行くつもりはサラサラ無いけどー」
「俺はンなに臆病じゃ・・・!」
「今、羽那ちゃん敦君達と一緒に居るらしいけど彼等の前で告白するの?」
「え、は?」
人虎と・・・・・・・・・?
「おーい中也ー?」
「・・・近くに河、有るよな?」
「入水自殺はしちゃ駄目だよ」
先を読まれ拒否された。
否、人虎に負けたんだぞ?
五代幹部が・・・餓鬼に負け・・・た・・・(´;ω;`)
「中也?勘違いしてる所悪いけど、羽那ちゃんは元探偵社社員の異能で信号機止めた人物を叱ってるだけであって、敦君は巻き込まれてるだけ」
「え」
「序に関係している銀ちゃんも怒られてるよ」
「羽那、殺す」
芥川が真顔で宣言した。
「銀ちゃんの事になると目の色が変わるねぇ。でも殺しちゃ駄目だよ〜」
「・・・・・・は、はい」
「ちょっと待て。俺何しに来たんだ?」
俺がそう尋ねれば太宰は「知らないなぁー」
と手をヒラヒラさせて言ったのでいよいよ俺は糞鯖の背中に蹴りをかました。