無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

・・・・・・は?
「ちびっ子マフィア〜!」
癇に障る声と発言で言った相手が分かり、振り返ると予想通り俺の大嫌いな奴が立っていた。
・・・否、待て。
「何でポートマフィアに居んだよ!?」
「エリス嬢が入れてくれた」
平然と言う太宰。
否、エリス嬢自由過ぎるだろ。
裏切り者入れたら流石にやばいだろ。
「エリス嬢・・・」
「中也も大変だねー(棒)
・・・で、羽那ちゃんには想いを伝えたかい?」
「・・・・・・・・・これから」
「!!つまりこれから私は君が振られて泣く姿をまじかで見られるという訳だね✨」
「振られねぇわ!!」
「その自身は一体何処から」
「俺のカンだ」
「不安だ( '-' )」
「煩ぇよ!」
「まぁ”善は急げ”。早く伝えることだね」
「るせぇ。分かってんだよ」
「もし付き合う事になったら、羽那ちゃんに何を
してあげるのかなぁ〜??」
「ぶっ飛ばすぞ」
「・・・既に拳が顔に当たっているよ」
そう言う太宰の顔には俺の拳がミシッと入っていた
「ハッ、ざまが良いな」
「ひっどーい!振られればいいのに」
「其れこそ酷いわ!!」
「ふふっ嘘に決まっているだろう?」
「其れこそ嘘だろ」
「あれ?バレた?」
「この根性腐れが!!」
「振られればいいとは思っているけど・・・応援は
しておいてあげるとするよ」
「・・・・・・・・・おう」
急にむず痒い事を言われクソ鯖から目を逸らした。
「・・・・・・は?」
ふと見た光景に俺は間抜けな声が出た。





















俺は見てしまったのだ。




















































羽那と芥川が抱き合っているのを。










すいません投稿が遅れました(´;ω;`)
部活で色々とありまして(泣)
By作者