無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

後悔
包まれる感触と懐かしい声で目を覚ますと
中也さんに私は刃物を刺していた。
其の時は訳が分からなかった。
ただ、罪無き部下を殺した記憶と中也さんと戦った記憶が残っていたのは事実である。

その後、首領に呼び出されはしたが自分の意思でした訳では無いとの理由で罰を受けることは無かった。中也さんの傷を幸い致命傷にはならず彼は元気だと云う。・・・然し首領には「中原君に一言言うべきことがあるだろう?」と謝りに行くように促された。




















酷いコトをしてしまった。
取り返しのつかないコトをしてしまった。
罪の無い部下を殺した。
恩人である中也さんを刺した。
愚か者だ。
私は。