無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第35話

内緒の計画
「やぁ、織田作!済まないが今日はこの場をほんの少しだけ借りておチビさんの手伝いをするよ。」

私は花を添える。
此処は景色の良い織田作の眠る場所だ。

「勿論タダでとは言わない。この場を貸してくれる代わりに面白いものを見せてあげる。だからさ、」










































____________不器用な二人が結ばれる様に、君も一緒に祈っていてよ_______________