無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

お手伝い
125
2021/07/25 12:04
ユーマ
今日も元気に育ってんな

フウマ
ユーマくーん

ユーマ
おう、やっと起きたか

フウマ
ごめん、昨日コウくんと一緒に仕事してたから寝るのが遅くて

ユーマ
もうちょっと寝ててよかったんだぞ?

フウマ
手伝いたいって言ったのは僕だからね
寝坊は極力したくないんだ

ユーマ
はは、律儀だなw
じゃ、手伝ってくれ

フウマ
うん!
今日は何が収穫できるの?

ユーマ
トマト、イチゴ、リンゴあたりだな

フウマ
僕の好きなものばかりだ!

ユーマ
そうだなw

フウマ
最近、ユーマくん機嫌がいいね
何かいいことでもあった?

ユーマ
こうして、フウマとまた暮らせることが夢みたいでな

フウマ
スラム街ではこんな風にはなれなかったもんね

ユーマ
あぁ、あの時は本当に地獄だった
食っていくので精いっぱいでフウマのこともボスのことも手が回らなかった
悪かったな

スリッ

フウマ
もう大丈夫だよ
この傷は今を生きるための勲章みたいなものだから
それにお兄ちゃんのことも恨んでなんかないよ

ユーマ
フウマ…

フウマ
運が悪かったって言ったらお兄ちゃんに叱られるけど
それでも、僕を守って死んだお兄ちゃんのことは忘れない
お兄ちゃんは昔から自分のことは後回しで僕のことや小さい子達を守るヒーローだったんだ
僕とユーマくんを守れて幸せだったんじゃないかな

ユーマ
おう

フウマ
この傷も今こうして生きられるのもお兄ちゃんのおかげって考えたらなんか幸せじゃない?

ユーマ
幸せだな

フウマ
きっと、ちゃんと見ててくれてるよ
さーてと、今日は何が食べたい?

ユーマ
オムライス

フウマ
ふふ、了解!

END