無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

モデル
207
2021/07/25 12:04
カメラマン
コウくんとフウマくん、入りまーす

コウ・フウマ
よろしくお願いします!

カメラマン
よろしく
今日は、ビーチでの撮影だけど大丈夫かな?

フウマ
日焼けはばっちりです!

コウ
俺もばっちりです

カメラマン
はは、じゃあ準備ができ次第呼ぶからね

コウ・フウマ
はい!

コウ
ビーチでの撮影か~

フウマ
コウくんは上着OKにしてもらってるよ?

コウ
ありがとう、ごめんね

フウマ
ううん、誰だって見られたくない傷はあるから

コウ
そうだね

カメラマン
準備ができましたのでお願いしまーす

コウ・フウマ
はい!

カメラマン
じゃ、寝転んだシーンから

カメラマン
次は仰向けになろうか

カメラマン
次は手を繋いではしゃぐ感じで

カメラマン
ラストは向かい合わせで

カメラマン
これで撮影は終わりです
おつかれさまでした

コウ
おつかれさまでした

フウマ
おつかれさまでした
また、よろしくお願いします

コウ
じゃ、俺たちはこれで

カメラマン
気をつけて帰るんだよ

フウマ
はい、ありがとうございました

-帰路-

コウ
今日もいっぱいしたね~

フウマ
そうだね~

コウ
今日の食事当番ってユーマ君だっけ?

フウマ
うん!僕、ふわとろオムライスってリクエストしちゃったw

コウ
フウマちゃんは好きだよね

フウマ
だって、ユーマくんが作ってくれるもの全部美味しいからね

コウ
そこは否定しないけどね

フウマ
それに、こうやって食べられることが何よりも幸せだから

コウ
そうだね

フウマ
僕は、ユーマくんと同じスラム街で育ったから食べ物には苦労したんだ
あの時はその日の食料があるかないかで生か死か決まってたからね

コウ
そうだったね
俺の場合は食べ物には苦労しなかったけど、そのあとの拷問には耐えられなかった
だから、あいつらが死んだときはすごくうれしかったんだ

コウ
こうして、あの地獄から抜け出せたことが何よりも幸せなんだ
フウマちゃんもそうでしょ?

フウマ
うん…

コウ
フウマちゃん、また悲しい顔してる

フウマ
ごめん…

コウ
俺たちは望んでこうなったんだ
フウマちゃんのせいじゃないよ

フウマ
でも…僕はどうなるか知ってるから
知ってるのに何もできないなんてあの時と同じだよ

コウ
もし、俺たちが消えたとしてフウマちゃんはどうする?

フウマ
一緒に…

コウ
それがフウマちゃんの幸せなら、俺たちは止めないよ
でも、俺たちはそう簡単に消えたりしないから安心して?

フウマ
うん!

コウ
さてと、早く帰ってユーマ君の手料理を食べよう

フウマ
そうだね!

END