無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第75話

ストーリー74
櫻井翔
櫻井翔
剛と裕彦…聞くんだけど、あの仏壇
佐藤剛
佐藤剛
あの仏壇な…俺達の友達なんだよ
鈴木裕彦
鈴木裕彦
なっちは大切な人を2人亡くしたんだ…
メンバー
メンバー
えっ?
佐藤剛
佐藤剛
俺達、十字架を背負ってんだよ…
なっちを闇から救った人がいるってさっき言っただろ…1人ぼっちだったなっちは学校が終わると神社の木に登って…いつ頃からか、その人も木に登ってな…なっちに寄り添ってた…
鈴木裕彦
鈴木裕彦
俺達の同級生なんだよ…名前は狩野典子…テンテン。テンテンは木に登って毎日のように、なっちに話かけてた。なっちは心を閉ざしたから話すらしなかった…なっちは誰の事も信用出来なくなってた…信用出来るのは自分自身だけだって…だから誰とも関わる事を拒否してた…そんな頑なになってたなっちの気持ちを戻したのがテンテンだ
相葉雅紀
相葉雅紀
人との関わりを拒否するって…子供のする事じゃないよ
二宮和也
二宮和也
テンテンは、どうやって姉ちゃんの心を開いたんだ?
佐藤剛
佐藤剛
どんなに嫌がられても毎日毎日、木に登って話してたんだ。なっちは木にいる事しか出来なかったから…そこが、なっちの唯一の場所だったからな…毎日のようにテンテンはなっちに寄り添ってた…そのうち、なっちの気持ちも少しずつだけど変わったんだよ。中学に入って同じクラスになった事で距離が一層縮んで、いつも2人でいるようになって…
鈴木裕彦
鈴木裕彦
同じクラス、同じ部活…常に行動を共にしてた…俺達も同じクラスだったけどな…最初から仲が良かった訳じゃないんだよ。どっちかって言えば…なっちやテンテンと距離を置いてた方だからな