無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

ストーリー14
しばらくして…

『お待たせ致しました😊』
メンバー
メンバー
わぁ〜〜凄い😆
かよ子
かよ子
しゅごいね〜〜😆
きえいやね〜〜
『俺からのお祝いだな😊急だったから大したのは用意出来なかったけど』
メンバー
メンバー
ありがとうございます😊
かよ子
かよ子
たったん…あんがどうごじゃいまちゅ😊
(そう言って頭を深々と下げた)
『なっち…頭下げんなよ💦冷めないうちに食べろよ😊』
かよ子
かよ子
たべゆの〜〜
そう言うと、フォークとナイフを持って食べ始めた