無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

15
2020/01/22

第6話

レンのお願い
レン
ドロシーさん、お願いがあります。



まさかこんな早く来るとは思わなかった。
ドロシー
そう。いいでしょう。聞きますわ。キャシー、少し席を…
キャシー
りょーかい!
と言ってスタスタ歩いていった。
レン
お時間いただき、ありがとうございます。
ドロシー
いえいえ。それでお願いって?
レン
それは…


少し咳払いして、もう一度ドロシーと目を合わせる。



その顔は、決意を決めた顔だった。
レン
ドロシーさんは、“一目惚れ”を信じますか?
ドロシー
さぁ、どうかしら。少なくとも、私はないわ。



いきなりの質問に少し戸惑ったけど、それを相手に気づかれないようにハキハキと答えた。
レン
俺は信じる。あなたに…俺は……
レン
一目惚れだったんです。
ドロシー
……!

 
突然の告白だった。
ドロシー
あ、……ありがとう。



さすがの私も、これには耐えられなかった。
ドロシー
そ、それで?お願いは?
レン
俺と、1日でいいんです。デートしてください。
ドロシー
…………





少し考えた。それで…






ドロシー
いいわ。1日だけの約束ね。こんなにも早く私のところに来たご褒美ってところね。
レン
ありがとうございます!!!
レン
それじゃあ詳細を決めたいので、連絡先…交換してもらっていいですか?
ドロシー
えぇ、いいわ。






そう。1回だけ。










そういう約束だったのに…………。










▷▶▷NEXT