無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

15
2020/01/21

第4話

高嶺の花束会議
ビビアンさんに彼氏が出来たという話を聞いたその日の放課後


臨時の高嶺の花束会議が開かれた。
ナターシャ
ビビアンさん、彼氏が出来たというのは本当なのですか?
ビビアン
えぇ、本当ですわ。
アリス
びっくりしましたわ。
レディ
でも、高嶺の花束の恋愛って認められてましたの?
ビビアン
規律には書いてませんわ。なので大丈夫でしょう?





口々にもの申すお花さんたち。
ドロシー
でも、どうしてカルム王子なのです?
ナターシャ
それは“王子”だからですものね?ビビアンさん?
ビビアン
それもありますわ。でも…
やっぱり。と思った。
レディ
でも…?
ビビアン
なんと言えばいいのでしょう。なんか、こう…初めて話したときからこう、“ぞっこん”でしたの。
ビビアン
これが運命なのだと気づきましたわ。
ドロシー
へぇ…
アリス
それではビビアンさん、高嶺の花束との恋愛は自由、ということでよろしいのですね?
ビビアン
はい。皆さんお好きに。













翌日。




ビビアンさんとカルム王子の関係が正式に発表された。


そして、高嶺の花束との恋愛のことも。
キャシー
でも、普通話しかけられないよね?ドロシー?
ドロシー
そうね。こんなすぐ話しかけられたら、その方に拍手を送るわ。





その直後
???
すみません
ドロシー
…!あなた…
びっくりするドロシーの横で、拍手を送るキャシー。




話しかけてきたのは






















レン
ドロシーさん、お願いがあります。





レン君だった。



▷▶▷NEXT