無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

13
2020/01/23

第8話

ギャップ
今日は例のデートの日。




約束の時間までしばらくあるわね。








さぁ、どの服にしましょうか?
ドロシー
持つべきものは友達よね。



早速キャシーに助けを求めるために電話をかけた。


















30分後


キャシーが選んだのはなんともシンプルかつカジュアルなコーデ。




某有名ブランドのロゴが真ん中にドンとプリントされたトレーナー。

タイトなパンツ。

シンプルなダウン。

差し色に選んだニット帽。
普段なら絶対にこんなの着ませんのに。




理由を尋ねましたところ、
キャシー
普段のドロシーなら絶対こんなの着ないって思ってるって!ギャップ大事!
だそうで……。
ドロシー
あぁ、もう出発しないと。


私は待ち合わせ場所まで行くため車に乗り込んだ。















レン
ドロシーさん、こんにちは。
ドロシー
遅くなりすみません。
レン
いえいえ、僕も来たばかりですし。
レン
…ドロシーさんってそんな服も着るんですね。
ドロシー
……やっぱり、似合いませんよね。
レン
す、すみません!そうじゃなくて…。いつもの雰囲気見てると、もっと上品なの着てくると思ったんでんすけど、
レン
そんな感じのやつの方が似合うかもしれませんね。可愛い。
ドロシー
…!


顔が一気に熱くなるのを感じた。


すごい恥ずかしい。
ドロシー
あ、…ありがとう
レン
いえいえ、じゃあ行きましょう。



▷▶▷NEXT