無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

一日の始まり
あこ
あこ
やばい~遅刻しちゃうよ~!
紗夜
紗夜
何やってるの?あこ!しっかりしなさい!
まったくこういう大事な時に…
リサ
リサ
ふぁ~おはよう~
どうした?朝からバタバタしてると思ったらあこか~
兄さん。あこ、送って行ける?
拓也
拓也
あ~送って行くよ。送って行くついでに球場へ直行するから。気を付けてな。
あこ。早く支度して学校へ行くよ。
あこ
あこ
うん😊今支度してくる!
燐子
燐子
あこちゃん…大丈夫かな?友希那姉さん
友希那
友希那
心配いらないわ。拓也兄さんがいるもの。リサ。学校は?
リサ
リサ
私は、10:30から授業だから大丈夫だよ。
友希那
友希那
なんだろう…リサの余裕っぷりは…
あこ
あこ
いってきまーす!
拓也
拓也
いってきまーす
友希那
友希那
行ってらっしゃい
リサ
リサ
そろそろ私も行くね。
燐子
燐子
行ってらっしゃい…私達も行きましょう…
紗夜
紗夜
そうね。そろそろ行きますか。
友希那
友希那
そうね。行きましょう
その頃、あこと拓也は、
拓也
拓也
あこ。どうした?今日はとても慌ててたけど
あこ
あこ
寝坊しちゃって…6:30にアラームかけておいたのに、携帯の充電がなくなっちゃったのが気がつかなくて~
拓也
拓也
そうだったのか~でも学校には十分間に合いそうだな!心配するな。
あこ
あこ
たく兄~ありがとう~それじゃぁ行ってくるね!
拓也
拓也
行ってらっしゃい!携帯は、家に置いてある?
あこ
あこ
大丈夫だよ。ちゃんとに置いて来たから。
拓也
拓也
そうか。頑張ってこい!
あこ
あこ
うん😊
一方、友希那、紗夜、リサ、燐子は
友希那
友希那
リサ。行ってらっしゃい
リサ
リサ
じゃまた後でね~
紗夜
紗夜
え~、行ってらっしゃい
燐子
燐子
行ってらっしゃい
それぞれに通う学校へ向かって行ったのであった。
そして、拓也は球場へ向かって行った
拓也
拓也
ついに開幕戦か~色々な事があったけど、早いな~月日が経つのは。今日も頑張ろう!