第6話

お 泊 ま り 会 #1
748
2019/02/27 04:51


お父さん、貴方は何を言いましたか

確かに、泊まっていきなさい とは言いました

私もそれに賛成しました


でも、私の部屋に泊まるなんて言ってない!


八乙女光
八乙女光
うわーい!あなたちゃんの部屋久しぶりだなぁー
有岡大貴
有岡大貴
ねぇ、これなーに?ねぇってばー
伊野尾慧
伊野尾慧
あなた、ベッドでかくない?もうそろそろいいよね……?
知念侑李
知念侑李
伊野ちゃん、それはだめ。
今日は僕と寝るのー
山田涼介
山田涼介
は?知念おま、何言ってんの!?
中島裕翔
中島裕翔
ねぇ、これカメラ?!しかも今1番いいやつじゃん!
髙木雄也
髙木雄也
夏休みみんなで海行こーよ、あなたん家別荘あるだろ?なぁ
薮宏太
薮宏太
あなたちゃん、部屋着かわい〜
色瀬
色瀬
……の、
Hey! Say! JUMP
Hey! Say! JUMP
(けーと以外)  うぇーい!あーこらー
岡本圭人
岡本圭人
ちょ、みんな……
色瀬
色瀬
……あの!!!
Hey! Say! JUMP
Hey! Say! JUMP
( ビクッ
色瀬
色瀬
別に、部屋ここでもいい けど、
Hey! Say! JUMP
Hey! Say! JUMP
けど……?
色瀬
色瀬
……その、えっと…
山田涼介
山田涼介
なんで顔赤いの 笑
色瀬
色瀬
もう!いいから!先お風呂行ってるね!

ガチャ…
______ バタン ,


知念侑李
知念侑李
いっ…ちゃった
伊野尾慧
伊野尾慧
顔真っ赤で可愛かったなぁ
Hey! Say! JUMP
Hey! Say! JUMP
(伊野尾以外)  おい


………








( お風呂・大浴場



色瀬
色瀬
はぁ……
なんでお父さん一緒の部屋にするかなぁ

他にも部屋は沢山あるのに…


お父さんに対する愚痴を零しながら
湯船に浸かっていると__


山田涼介
山田涼介
ちねーん、先入るぞー?
知念侑李
知念侑李
わかったー



え?

ちょっと待って、私まだいるんだけど……、!




_____ ガラ …


山田涼介
山田涼介
え……
色瀬
色瀬
……っ //
山田涼介
山田涼介
あなた、上がったんじゃ…
色瀬
色瀬
あ、あああ上がってないじゃん!
どう、考えて も……
山田涼介
山田涼介
お、俺、戻r…
知念侑李
知念侑李
りょーすけ、まだ入ってないの?


ち、ちぃちゃん……!

山田涼介
山田涼介
お、おう。
これからシャワー浴びるとこ
知念侑李
知念侑李
そう?じゃあ早くシャワー行こ!
山田涼介
山田涼介
おう……


あっぶない

ちぃちゃんにまでこの光景を見られたら終わる…

え、どうしよ……


山田涼介
山田涼介
……ふぅ、じゃ俺 お湯浸かってくるわ
知念侑李
知念侑李
僕はいいや、早く寝たいもん


え?ちぃちゃんはいいとして、

りょーすけはなんで入ってくんの?!




色瀬
色瀬
ちょ、りょーすけ、なんで入ってk…
山田涼介
山田涼介
黙れ、バレっぞ。いいのか?
色瀬
色瀬
そ、それはやだ……
山田涼介
山田涼介
なんで、まだ入ってんだよ…
色瀬
色瀬
お風呂、好きだから
山田涼介
山田涼介
ふはっ 笑
そんな理由で?笑
色瀬
色瀬
わ、笑わないでよ。
りょーすけ早く上がって、じゃないと私上がれないじゃん
山田涼介
山田涼介
…………やだ
色瀬
色瀬
は?なんでよ、早く行っt…


引っ張られた、と思ったら

私はりょーすけの腕の中にいた


色瀬
色瀬
りょ、すけ 待って。
山田涼介
山田涼介
待たない、俺がどんだけ我慢してるか知らないでしょ
色瀬
色瀬
そ、そんなの知るわけ…
んっ… (


唇に何か触れた……

キスだ



色瀬
色瀬
……ふっ、  ん

りょーすけ、今…
山田涼介
山田涼介
…ごめん

やっぱ俺、先行くわ



いやだ、そう思った時にはもう遅かった

そう、私は

りょーすけの手を掴んでいたんだ



山田涼介
山田涼介
え…?
色瀬
色瀬
待って、まだ……居て


沈黙の時間が流れる



山田涼介
山田涼介
あーーーーもう!無理!
色瀬
色瀬
え?りょーすけ、どうしt……きゃっ



私の後ろには壁、目の前にはりょーすけ

いわゆる、壁ドン。

りょーすけ、顔赤いよ…

山田涼介
山田涼介
俺は小さい頃からあなたと居た。誰よりも近くで育ってきたつもりだった。
色瀬
色瀬
りょ、すけ?急に何言ってるの…?
山田涼介
山田涼介
でも、学年が上がってくにつれて
あなた、どんどん遠くなってく気がして
色瀬
色瀬
りょーすけ?
山田涼介
山田涼介
俺は!お前…あなたと!

はっ…
色瀬
色瀬
ど、した の……?





〈 涼介 side 〉

危ねぇ、俺は何言おうとしてたんだ?

ごめん、あなた。

こんな状況では流石の俺も無理 だ…

山田涼介
山田涼介
ごめん、忘れて

俺、先上がってるから
色瀬
色瀬
あ、……


行っ、ちゃった……

りょーすけ、いつものりょーすけじゃなかった


そ、それよりお風呂、一緒に入った よね?!

タオル巻いてたけど、私 結構やばい…//






はぁ、私も上がろ…





















┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


茅星です .

我慢できなくて書いちゃいました😅

いつも ♡ や ☆ , ありがとうございます !!


それから ,

新しい小説始めようと思ってます .





こちらもぜひ , よろしくお願いします🙇‍♂️


以上 , 茅星でした !

プリ小説オーディオドラマ