第27話

16日目~H②
8,849
2021/06/26 11:43
あなたside
 その後、夜まで映画をたくさん観て、
 お酒を飲んでゲームをした。
 みんな、大人になってから一緒に遊べる機会が全然なかったから
 話に花が咲いて真夜中まではしゃいでしまった。
 そしてみんなお酒に潰れて千冬と私で
 寝ているみんなに布団を用意していた時。
千冬「お前さ。」
『?…どしたの?』
千冬「結婚する気…ねぇの?」
『え!!!!もしかして、昼の会話聞いてた!?』
千冬「………聞いてねぇ。」
 顔に出てる……笑
『顔でバレバレだよ、千冬。』
 顰めている眉間を軽く小突くと、
千冬「……俺じゃだめなのかよ」
『え?なんて??』
 早口すぎてなんて言ってるのか聞こえなかった。
千冬「俺!じゃ!!!だめなのかよ!!!!」
 顔を真っ赤にして声を荒げる千冬。
『わわっ!みんな起きちゃうよっ、!』
千冬「こんなこと言ったのに、他のヤツのこと気遣うのかよ。」
『………っ。』
 だって……


 千冬が私のこと好きなんて
 知らなかったもん。
千冬「ハハッ、なんで顔歪めながら顔赤くしてんだよ。」
『うるさいよっ!!』
 なんで、照れてるんだろう。
『そういう千冬だって、涙目なくせに。』


 もし、そうなら。
千冬「!!涙目じゃねーよ!」


 あの時と同じ感情なら。
『…………………………………いーよ』
 千冬に聞こえるか聞こえないかくらいの声で呟く。
千冬「うん……っっっっはっ!?!?!?!?!?!?」
千冬「今、?なんて言った、????」
『結婚、いーよ。』