無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

98
2021/07/27

第2話

1
放課後
いつものように全教室の花に水やりをしに行こうと来た
あなた
(ん?普の声?)
花子くん(普)
寧々
あなた
(女の子の声!?)
あなた
普〜?
私は教室に入った
その時
普と可愛い女の子が恋人繋ぎをしていた
あなた
!?
あなた
( ・ ・̥ )
花子くん(普)
あなた!?
寧々
!?
花子くん(普)
ど、どうしたの!?
寧々
大丈夫ですか!?
あなた
う、うん!
あなた
ご、ごめんね
お邪魔しちゃって(((*>д<*)))
寧々
いえ、そうゆうことじゃ
花子くん(普)
え、そうことじゃないの?
寧々
は、花子さん!
あなた
だ、だよね
ごめんね
あなた
あとで花の水やりしに来るからこうゆうのは違う所でしてね、!
花子くん(普)
寧々
花子さん!
花子くん(普)
ごめん
寧々
私あの子の事追いかけてくる。
誤解とかないと
花子くん(普)
うん
あなた
( ・ ・̥ )
寧々
あ!いた!
あなた
!?
あなた
ど、どうしたの?
寧々
さっき泣いてたから
あなた
泣いてないよ!(*^^*)
寧々
あとね
花子さんは私を助けてくれたの
あなた
!?
あなた
そうだったんだ
寧々
花子さんのこと好きなの?
あなた
うん
寧々
じゃああなたも怪異?
あなた
うん
噂いらないの?
寧々
うん
あなた
私は闇の満月って言うの
寧々
あ!零番目の!
あなた
そそ
あなた
あなたって呼んで
あなた
あとタメで
寧々
うん!
あなた
名前は?
寧々
八尋寧々!
あなた
寧々かいい名前!
寧々
ありがとう!
寧々
あ、少しお話する?
あなた
うん!普が悪いし、少しまたせたほうがいいね
寧々
うん!