無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

《別ルート》
私がみんなに真実を見せてあげるには...




まず。





まずは...









まずは下準備しなきゃね...









もうこの家では何をしてもいい。









たくさん録音機能付きの盗聴器と隠しカメラ買って...







それから録音機能付きのスピーカーだって買った...









私の部屋にスピーカーを置こう...









みんなが寝てる時に他のは仕掛けようか。









w






もうこれで大丈夫なんだ...









アイツらに真実を教えてあげられる。





真実を聞いた貴方達は後悔するでしょう...?





『なんで、疑っちゃったんだろ。』



とか、



『あなたは悪くなかったんだ...』



とか。



真実が分かった時には、






『あなたが全て悪い』



なんて言えないでしょ?w



私の心をこんなに黒くしたのも...





貴方達を信じることが出来なくなりだしたのも...。




全てあんたのせいだよ。





覚えとけ。覚悟をしとけよ。真依。