無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

《別ルート》


真依side
リスナー
歌うまっ!
リスナー
チャンネル登録しました!
...みんな気付いちゃいない。





これ歌ってるの私じゃないのにw




これ歌ってるのREDなのにw




ごめんね。



こうでもしないと私のあの過去を消せない気がするんだ。



[過去]
藍井真衣(アオイ マイ)
藍井真衣(アオイ マイ)
~♪
リスナー
下手じゃん...
リスナー
原曲のイメージ壊すなよ
なんで?



...なんで?



こんなに一生懸命歌ってるのに、何でみんな下手って言うの?



下手じゃない。


いや、下手だと認めない。



そのために私は一生懸命声質の似てる歌が上手い人を探した。



その時見つけたのが、RED。



私はこいつの動画を使うことによって自分のファンを増やしていったんだ...
みんな、「最低」って思うでしょ?




でもね、私は自分のためなら何でもする。




悪いのは分かってる。

でも、こうしないとあの人達に近付けなかった。


まふまふさん達に近付きたかった。

そんな気持ちの方が強かった。




...だから、悪い方向へ進んだのかもしれない。




...でも、今はまふまふさん達が私の事を守ってくれる。

憧れの人が私の事を守ってくれるんだからいいんだ。




私のこの過去を知ってるかもしれないのがluzぐらい。

まぁ、luzは秘密をすぐにバラすような人じゃないし...




私の過去なんて隠し通せばいい。

バレなきゃいいんだ...

バレなきゃ...。


何を使ったって...ね?