無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

あなたがしたことは私は許せませんでした。
赤石あなた(アカイシ)
赤石あなた(アカイシ)
知ってた。めんどくさいし私がやったってことにしてた。でも...。
まふまふ
まふまふ
でも?
赤石あなた(アカイシ)
赤石あなた(アカイシ)
96や、そらるさんは最初から疑わなかった。やってないって知ってた。だから復讐に協力してもらった。
うらたぬき
うらたぬき
協力ってどんな?
赤石あなた(アカイシ)
赤石あなた(アカイシ)
96には復讐を見てもらってた。そらるさんは...真依の気を引いてもらってた。
あほの坂田
あほの坂田
だから最近そらるさんが真依ちゃんをよく構ってたんだ。
赤石あなた(アカイシ)
赤石あなた(アカイシ)
でも復讐ももうそろそろ終わり。
そらる
そらる
え?
あなたがナイフをだした。
赤石あなた(アカイシ)
赤石あなた(アカイシ)
ごめんね。そらるさん。ごめんね。みんな。やっぱり真依は許せないから。
藍井真衣(アオイ マイ)
藍井真衣(アオイ マイ)
...。
赤石あなた(アカイシ)
赤石あなた(アカイシ)
私が代わりに消えてあげる!
グサッ...
96猫
96猫
あなた、何して!
そらる
そらる
あなた!
赤石あなた(アカイシ)
赤石あなた(アカイシ)
み..ん....な...今まで...あり...が...と...
バタッ...

これで真依も少しは罪だと思ってくれるかな...。