無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

《別ルート》
|彡ッバタン


こうして、今私の部屋には私とそらるさんの二人だけが残った。
そらる
そらる
まふまふもいなくなったし、さぁ、話そうか。裏切り者さん?
赤石あなた(アカイシ)
赤石あなた(アカイシ)
あぁ、やっぱりそらるさんもアイツの味方なんですねw失望しました。
そらる
そらる
まぁねー?wだって、真依ちゃん悪くないし。
あぁ...


やっぱりアイツは...




アイツは悪い子じゃなくて、いい子扱いなんだ...




なんでだよ。



悪いのは私じゃない。アイツだ。




やっぱり復讐しなきゃいけない。



私にとって...


私にとって大切な人を奪っていってしまっているから。



そのために録音機能のあるものが必要なんだ。

スピーカーもいるんだ。

そして、USBもいるんだ...


買いに行かなきゃいけない。
そうですよねw私が全て悪いんですよねw有名歌い手さんと居れるのでも幸せなのに嫉妬してあの子を刺しちゃったから。
そらる
そらる
そうだよ。あなたが全部悪いんだよ。
赤石あなた(アカイシ)
赤石あなた(アカイシ)
あ、そらるさん。もうそろそろ時間なんですいません。
そらる
そらる
帰ってきたら覚悟しといてね。
w


なんだ。




ここの家主も参加してのいじめなんだね。





『裏切り者への復讐』という名前の。
ああ、家主も復讐に参加している。

なんでなんだよ。


なんでなんだよ...!




私は...



私はやってないのに...!








まぁ、どうせ信じてもらえない。



店員
お会計は119800円となっております。
赤石あなた(アカイシ)
赤石あなた(アカイシ)
これでお願いします。
店員
119800円ちょうどいただきます。
よし。


これでいい。


これでいいのだ。



録音機能付きのスピーカーがあって良かった。





それと録音機能付きの盗聴器や、隠しカメラも。



これなら...





これならアイツに復讐できる。




いや、いっそ...





いっそ...




私を信じてくれなかった人全ての人に...




全ての人に復讐しようか...




まふ君、そらるさん、さかたん、うらたん、96ちゃん、天月くん。





そして真依。





この人達に復讐を果たさなきゃ。





待っててよ。






今、裏切り者にさせられた私が真実を見せてあげるから。