無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

《別ルート2H》
まふまふside

へー...
まふまふ
まふまふ
あなたは天月くん家にいるんだ...?
ほんとかな。


怪しい。


まぁ、いいや。そしたら天月くんにあなた様子聞きながら苦しめる方法考えればいいもんね!
真依side

あーあ、どうしよ。つまぁーんない。
だってぇ、せっかくぅ、あなたのことぉ裏切り者にしたのにぃ、これじゃぁ私からぁ離れてちゃうぅ...

しょうがないやぁ、協力求める気無かったけどぉ、luzにぃちょっと頼もうかなぁ?


ちょっとぉ、脅ししちゃうかもしれないけどぉ。

しょうがないよねぇ、だってぇ自分守りたいからぁ。

自分さえ守れればいいからぁ。そしてあなたの所にぃそらるさん達がぁ行かなきゃ良いからぁ。

LINE
藍井真衣(アオイマイ)
藍井真衣(アオイマイ)
ねぇ、luz?
luz
luz
んー?
藍井真衣(アオイマイ)
藍井真衣(アオイマイ)
あのさ、あなたのことと見つけたらまふ君に連絡してほしいんだけど
luz
luz
え、どうして?
藍井真衣(アオイマイ)
藍井真衣(アオイマイ)
あなたが、私のことナイフで差して逃げたから。
こう言っちゃえばぁ、もうこっちのものだからぁ、あなたのこと捕まえてこの世界から消してあげるぅw
luz side

あれ...?

あなたって人の事を刺したりするような子だったっけ...?

まぁ、いいや。

あなたのこと見つけたらまふ君に連絡せずに質問してみようかな。


だって、真依よりあなたの事を信頼してるし、真依があなたにしてきたことも知ってるし。




それと...



真依とあなたが双子の姉妹だってことも...




あの2人は全然似てない。


あ、俺はもちろんあなた派なんやけどね?


ぶりっ子とか嫌いだしw