無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

《別ルート》
天月side

ごめんね。あなた。

LINE
天月
天月
まふ君?
まふまふ
まふまふ
ん?天月くんどうしたの?
天月
天月
あなたのことなんだけど。
まふまふ
まふまふ
うん。あなたがどうしたの?
天月
天月
キヨの家行ったよ。
まふまふ
まふまふ
そうなんだ!ありがと!
LINE終了

これでもうあなたとは敵対する関係になっちゃったのかな。

でも、僕はまふ君の方を信じてしまうから。

きっとダメなのかもしれないけど。

間違いかもしれないことだって。

今だけは信じさせてほしい。

嘘じゃないっていう確率を。

嘘だったなら。

嘘だったならごめんなさい。

僕はあなたを。

あなたのことを傷付けてしまう。

ホントは「人を刺す」なんてことしない子だと思ってるけど...。

ごめんなさい。

僕はあなたを裏切ります。

だから。

僕にいつか真実を見せて。

間違いを間違いだと気付かせて。
あなたside

...ピーンポーン

え...?

ガチャ ||.c( ゚ω゚`|
キヨ
キヨ
まふ君...?
まふまふ
まふまふ
ふふwあなたのこと預かりに来ました。
レトルト
レトルト
いやいやいや何言ってんの。あなたは俺たちの妹なの。渡すわけないやん。
まふまふ
まふまふ
レトルトさん初めましてー
レトルト
レトルト
初めまして。
まふまふ
まふまふ
あなたは僕達のシェアハウスの仲間でした。でも仲間のことを裏切り、傷付けました。
うらたぬき
うらたぬき
俺達はその子と話してもらうために呼びに来ました。
赤石あなた(アカイシ)
赤石あなた(アカイシ)
しょうがないか...少しだけ行くか...
レトルト
レトルト
あなた...
キヨ
キヨ
あなた!何言ってんだよ!
赤石あなた(アカイシ)
赤石あなた(アカイシ)
また帰ってきた時は慰めて...w
あほの坂田
あほの坂田
じゃあ、行こっか。
(。_。`)コク
レトルト
レトルト
あなた...!
キヨ
キヨ
あなた!!!!
|彡ッバタン

ああ、裏切られたんだ。

分かってるよ天月くん。

天月くんが裏切ったんだよね。

気付いてしまったよ。

また許せないような人が増えていってしまう。

天月くんもまふ君達の仲間だったんだね?

私の味方なんて全然いないのは知ってたけど。

あなたには。

あなただけには裏切られたくなかった。