無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

《別ルート2H》
天月side
赤石あなた(アカイシ)
赤石あなた(アカイシ)
月、あたしluzくん所に行ってくる。
あなた。こうすれば協力したことになる?

LINE
天月
天月
まふ君?
まふまふ
まふまふ
ん?天月くんどうしたの?
天月
天月
あなたのことなんだけど。
まふまふ
まふまふ
うん。あなたがどうしたの?
天月
天月
僕の家にずっと居るよ
まふまふ
まふまふ
そうなんだ!ありがと!
LINE終了

これでいいのかな?


僕はあなたの事を信じているからね。


まふ君よりも。


あのシェアハウスにいるメンバーの中で1番。

あなたの事を信じています。

だから、僕はあなたの事だけは裏切りません。

ごめんね。まふ君達とは敵対関係になるね。

まふ君。あなたはあんな事しないから。

僕はあなたを裏切り者として追い出したまふ君達を許せません。

あなた。僕も復讐するなら絶対に手伝うよ。