無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

《別ルート》
まふまふside

僕は、あなたが活動を休止してから、『いつ戻って来てくれるのかな。今までごめんなさい。』ってずっと思ってた。


でも、それは1年半経っても変わることは無かった。戻って来てくれなかった...。


そんな時、誰かが僕のTwitterをフォローした。


そのボカロPさんの名前は「Stone's Story」さん。

直訳したら「石の物語」だった。


石...?



石ってまさか...。




あなた...?


僕は気になって曲を聞いてみた。


そしたら今まであなたが経験してきたであろう辛い思いと最後に「また遊ぼう」というようなメッセージの込められている歌詞があった。


きっとこれはあなたなんだ...!


僕はそう確信した。



そして、僕は出掛ける準備をした。




もちろんあなたに会うために...。