無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

261
2021/11/24

第120話

120話⸜🌷︎⸝‍
私達は紗由理ちゃんの家の下まで送った



寒い道を手を繋いで歩く私達
あなた
先生、今日はありがとうございました!
すっごい楽しかったです!
先生
先生
俺もお前の笑顔が見れて嬉しかったよ。
いつもは見れないような笑顔だったからな
先生
先生
姫崎といるとあんな笑顔なのか?
あなた
へ?!私紗由理ちゃんといる時と顔違いますか?
先生
先生
お前、俺といる時顔がいっつも赤いからな
あなた
そ、それは…
それは、先生のせい。なんて言えない…。
先生
先生
このままあなたも家まで送るぞ
いいな?
あなた
あ、あの
先生
先生
ん?
もう少し一緒に居たい。


なんて言ったら先生困るかな、


でも、せっかくのクリスマスだし…
あなた
も、もう少し一緒に居たい…なんて言ったら
先生困りますか…
私はむつ向きながらゆった
先生
先生
もう少しって、もう21時回ってるぞ
あなた
は、話すタイミング無かったので言わなかったんですけど、今日親に泊まるってゆってきました…
先生
先生
は?
先生が固まる



やっぱり急に言われても困るよね…
先生
先生
なんて言ったんだ?
まさか、友達と。なんて言ってないだろうな
あなた
カレシ…と泊まるって…
嘘はついてません…。
“先生”とは言えませんでしたけど…
先生
先生
親に嘘はつくなよ。
まじか、お前。
あなた
や、やっぱ急に言われても困りますよね!
すみません!このまま帰りますから!
先生
先生
まて。本当は気が進まないが、今回は特別だ。
その代わり
あなた
その代わり?
先生
先生
朝一で帰れよ。
ちゃんと送るから
先生が顔を隠しながら話す
あなた
で、でもやっぱり迷惑…
先生
先生
もう親御さんには泊まるって言ったんだろ?
あなた
はい、
先生
先生
ふぅ。次からはちゃんと俺にも報告しろ
あなた
はい、すみません、
進路を変更して先生の家に向かう
あなた
ありがとうございます、
先生
先生
まあ。さっきも言っただろ。
今日は特別だ
寒さのせいか先生の顔が赤い
あなた
…先生、犯罪ですか…これ
先生
先生
あの日から俺は犯罪者だよ。
あなた
へへ笑私、早く大人になりますね笑
先生
先生
そうしてくれると助かる
そして、私達は先生の家に向かった