無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

497
2021/08/25

第6話

デートの実践! 問題発生!?
今日はついに日和先輩と二人で、実践デート!
あらかじめ、零先輩にはいろんなことを聞いておいた。零先輩がいなくても、ちゃんとやらなくちゃ!
花梨
花梨
うーん……! この服可愛い……
待ち合わせ場所の近くにあるビルのガラスで、再度自分の格好を確認。
サスペンダー付きのデニムワイドパンツに白のシャツ。
動きやすさを重視した服は、自分も好きな格好。気分が上がってしまう。
日和
日和
着てる子も可愛いからなおさらだよね
花梨
花梨
ぅわあっ!
突然後ろから声を掛けられ、私は思わず飛び跳ねる。
後ろを振り向けば、日和先輩がひらひら手を振っていた。
日和
日和
あはは、ごめんね?
びっくりさせちゃったね
花梨
花梨
さすが……イケメンは登場の仕方までイケメン!
ドラマでみたことある!
日和
日和
花梨ちゃんにそう言ってもらえると嬉しいなぁ
そう言って笑う日和先輩の服装は、当たり前だけど制服じゃない。
丈の長めな白いパーカーに、黒のスキニーパンツ。
日和先輩のあざとさが全面に出されたファッションだった。
花梨
花梨
すっごい! 先輩にぴったりな服ですね!? あざとさがすごい!
日和
日和
あはは、かっこいいって言ってほしかったなぁ
花梨
花梨
かっこいいです! さすが!
拍手を送る私に、日和先輩はまたも軽く笑って見せた。
花梨
花梨
早速ですが!
零先輩から最初のミッションをいただいております!
そう言って、日和先輩に一枚の紙を見せた。
そこには、零先輩からもらった本日のミッション項目。
花梨
花梨
一つ目は、デートの設定を決めることです!
何回目のデートにしますか?
日和
日和
それはもちろん、初デートでしょ。
初めてはやっぱり特別だから
花梨
花梨
了解です!
じゃあ初デートと言う設定で!
日和
日和
設定じゃなくて本当に初デートだけどね。
緊張しちゃう?
花梨
花梨
設定としては、多分私から告白した感じですよね?
日和
日和
あは、告白してくれるの? 嬉しいなぁ
花梨
花梨
じゃあそういうことで!
元気よく決定した私に、日和先輩は終始楽しそうに笑ってくれていた。
うんうん、滑り出しは上々!
花梨
花梨
次に、乗り物なんですが……
日和
日和
そんなことよりも早くいこうよ
紙を確認しようとした私の手を、日和先輩がつかんだ。
手首をつかんでいたその手がそのまま手の甲を撫でて、流れるように指を絡められる。
前に言っていた『恋人繋ぎ』だ!
花梨
花梨
あー! ダメです日和先輩!
慌てて手を離せば、日和先輩が首を傾げていた。
花梨
花梨
初デートの場合、恋人つなぎは厳禁です! 私の感想ですけど! 
ちょっとドキドキして、緊張して、なかなか手が出せないっていうのがもどかしくていいんです!
日和
日和
なるほど? 花梨ちゃんはそういう人が好みなんだ
花梨
花梨
はい!
日和先輩は、ちゃんと初デートでも恋人つなぎをするんですか?
日和
日和
うーんそうだなぁ
日和先輩は上を見ながら悩んだ後、私を見て微笑んだ。
日和
日和
花梨ちゃんが相手だったら、俺、ぐいぐい行っちゃうかも
そう言って再び恋人つなぎをしてくる。
花梨
花梨
なるほど! なら問題はないですね!
初めてのデートで恋人つなぎをできないのはあくまでも私の考え。
ここは日和先輩に合わせても問題ないでしょう!
花梨
花梨
じゃあ行きましょ!
やってきた遊園地は、自然の中に溶け込むようにある。
大きな敷地内には、それはそれはたくさんのアトラクションがあった。
花梨
花梨
ぅわ~! 楽しみ! 日和先輩! なに乗りますか!?
日和
日和
楽しそうだねぇ。花梨ちゃんはなに乗りたいの?
花梨
花梨
私は……はっ!
浮かれすぎて思わず普通に遊ぶところだった!
いけない、これはデート実習! ちゃんと実習しなくちゃ!
花梨
花梨
零先輩に言われて、私色々調べてきたんです!
……えっと、まず、ジェットコースターはあまりよくないみたいです……
日和
日和
へぇ? なんで?
花梨
花梨
初デートだと、まだお互いが遠慮し合ってる可能性が高くて……
もし、絶叫系が嫌いな人も、『嫌だ』って素直に言えない可能性があるんですって
日和
日和
ふぅん? 花梨ちゃんは絶叫系嫌い?
花梨
花梨
いいえ! 大好きです!
すぐにそう答えると、日和先輩が嬉しそうに笑った。
日和
日和
あはは、今のいいね。
大好きって、なんだか俺が言われたみたい
花梨
花梨
ジェットコースターの話ですよ?
日和
日和
うんうん。分かってる。じゃあ、俺たちは問題ないみたいだね
日和先輩は私の手を引いて歩き始めた。
その先は、ジェットコースターのある場所。
日和
日和
俺たちで、本当にジェットコースターはダメなのか調べてみようよ
先輩の言葉に、私は思わず目を輝かせた。
諦めていたジェットコースターに乗れる……!





花梨
花梨
はーっ! たのしい!
やっぱりジェットコースターっていいですね!
日和
日和
やっぱり俺たちには問題なかったみたいだね
花梨
花梨
ありがとうございます!
これ調べてて、今日、ジェットコースター乗れないって
ちょっと落ち込んでたんです……
日和
日和
うん、そうだろうなぁって思ったよ
花梨
花梨
えっ! ばれてたんですか!?
日和
日和
だって花梨ちゃん、あからさまに落ち込んでたんだもん
花梨
花梨
えへへ……お恥ずかしい……
でも! 乗れてよかったです!
日和
日和
次は? 他にはどんなの調べてきたの?
俺たちで、それは本当かどうか、実習で試そうよ
花梨
花梨
はい! えっとあとは……あ、お化け屋敷はつり橋効果があるみたいです!
これもちょっと初デートには向いてないみたいなんですが……
日和
日和
じゃあいこうか。花梨ちゃんはお化け屋敷嫌い?
花梨
花梨
苦手……かは分からないです……あんまり入ったことなくて
日和
日和
じゃあそれも検証だね
日和先輩は嬉しそうに笑ってお化け屋敷のある場所へと進んでいった。
もちろん、手は繋いだまま。



日和先輩と一緒にした検証はどれも楽しかった!
初めてのデートで遊園地はあまりお勧めしないって調べて出てきたときはどうしようって思ったけど……これは一緒に行く人との問題かもしれない!

花梨
花梨
ありがとうございました! すっごく楽しかったです!
お化け屋敷もいけるってわかりましたし!
日和
日和
俺もすっごい楽しかったよ。
あっという間に時間が過ぎてったなぁ
日和先輩の言う通り、遊園地はすでに夕日でオレンジ色に照らされていた。
花梨
花梨
待ち時間が一番難問だって言われてたんですけど、
次行く場所とか決める時間にすれば何の問題もないってことが分かりました!
日和
日和
調べたことって、やっぱり実際にやってみないとわからないよね
花梨
花梨
それを踏まえて、今日はすごい勉強になりました!
女の人
日和?
突然、知らない人に声を掛けられた。
立ってたのは、大人っぽくてすっごい美人さん。
でも、清香先輩と比べたらちょっと派手な雰囲気の人。
女の人
日和? 
誰、その子。どうしてここに二人でいるのよ
怖い顔で近付いてくる女の人。す、鋭い目が怖い……。
花梨
花梨
か、彼女さんですか?
日和
日和
ううん、お友達
お、お友達にしてはちょっと……怖すぎる気もするんですが……。
でも、日和先輩は怖がることなくその女の人と笑顔で話してる。
服が新しい、とか、髪の毛切ったとか、すっごい細かいことに気が付く日和先輩……いったい何者……?
女の人
で? その子は誰なの?
花梨
花梨
え、わ!
急に腕を引っ張られて女の人の前に出る。
大人な女の人って言う感じでちゃんとお化粧してて、すっごいいい匂いで……。
女の人
こんなおこちゃまみたいな子、日和の隣を歩いてたらダメじゃない
日和の品格が下がっちゃうわ
花梨
花梨
おこっ……!
おこちゃまなんて初めていわれた! 
確かに! この人みたいに大人っぽくはないけど! ちょっとむかつく!
女の人
どういうつもりで日和の隣を歩けてたの?
まさか、釣り合うとでも思ってたの?
女の人
日和も考え直した方がいいわよ?
こんな子連れてるだけで、日和の価値が下がっちゃうじゃない。
日和の隣に合うのは、私だけって前も言ったでしょ?
日和
日和
ちょっと、
花梨
花梨
……確かに、考え直した方がいいですよ
日和
日和
花梨ちゃん……?
心配そうに声をかけてくる日和先輩に、目を合わせる。
花梨
花梨
関わる相手は、考え直した方がいいです
目を見開いた日和先輩に、私は思わず笑ってしまった。
花梨
花梨
日和先輩の価値が他人に委ねられてるって思い込んでる人とは
関わらない方がいいですよ!
女の人を振り払い、私は日和先輩の腕を掴んで走り出す。
ハイヒールのあの人は、きっと私たちに追いつけない。
なんで遊園地に来てたか知らないけど、ハイヒールはやめた方がいいですよ!!
なんて心の中で吐き出したら、イライラした気分が少しおさまった。




日和先輩の腕をつかんだはずなのに、気が付いたらまた恋人繋ぎにされてた。