無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

569
2021/08/11

第4話

友情と愛情の境界線!
零
今日は実技を行う
花梨
花梨
へっ?
部室を開けた私の目の前に、キラキラオーラを放つ零先輩が仁王立ちになっていた。
突然のことで処理しきれなかった私は、当然ドアの前で止まってしまう。そんな私を連れ出したのは、日和先輩。
日和
日和
はいはい、ほら帰るよ~
そう言って日和先輩が私の肩を抱いて廊下を歩いていく。
花梨
花梨
えっ? えっ? えっ?
部室の鍵を閉めた零先輩も、後ろからついてくる。
すごい近い! 日和先輩いい匂いだけど! 今そんなこと言ってられない!

花梨
花梨
えっ! 今日部活ないんですか!?
日和先輩の腕をつかんで後ろを振り返れば、零先輩の驚いた顔とご対面。
驚きたいのはこっちなんですけど!
零
日和に肩を抱かれていることより部活か
花梨
花梨
肩はどうでもいいです! 部活は!?
零
どうでもいい……な
日和
日和
ちょっと心に刺さった……
切なげに笑った日和先輩に連れられるまま、私は靴を履き替えて校門の前に立っていた。
状況が何一つ分からない。
日和
日和
今日の部活は三人での実技だよ
花梨
花梨
実技……? えっ? 
いつからそんな熱血部活に……?
零
いつでも熱血だろう。今日の議題は『友人と恋人の違い』だ。
座学ではキミが悩むのが目に見えてるからな。手っ取り早く実技で教えていく
確かに座学よりも実技の方が得意だ。話を聞くよりもやって覚えたほうが早いじゃん。
どうせ紙で覚えたってそれが通用しないのが大半な世の中だもん。うん。

零
レッスン1。『歩き方の違い』だ
花梨
花梨
歩き方?
零
友人は一緒に帰るときこうやって並んで歩くのが大半だ。
だが、恋人同士は違う
零先輩の言葉と同時に、私の右手が取られる。私の手よりもずっと大きい、男の人の手。
視線をあげると、日和先輩が優しい笑みを浮かべてこちらを見ていた。
太陽も相まって眩しい……。オーラで人を倒せそう……。
日和
日和
こうやって手を繋ぐのが恋人ってね
日和先輩はただ掴んでいるだけだった手を少しだけ離して、指同士を絡めてきた。
いわゆる、恋人繋ぎ。
日和
日和
ふふっ、これで花梨ちゃんと一生離れられないね
花梨
花梨
えっ!? 離れないんですか!?
それはいろいろと困る! お風呂とか、と、トイレとか!
そう思って慌てて手を振ると、案外すんなり離れた。
花梨
花梨
あれ? なんだ、離れるじゃないですか
安心したように日和先輩を見れば、今まで見たことないような顔で笑ってた。
耳も尻尾も垂れ下がり、しょんぼりした子犬みたい。……なんか、罪悪感がすごい……。
零
その日和の表情は正直スカッとするが、今は繋いでてくれ
花梨
花梨
あっ! はい!
零先輩の言葉に、私は慌てて日和先輩の手を取った。
でも、日和先輩は手を動かしてくれない。
花梨
花梨
日和先輩?
日和
日和
……え?
花梨
花梨
ほら! 外れないように! 力ちゃんといれてください!
先輩の指を一生懸命絡めようとしても上手くいかない。
これは慣れないとできないのかな。
そう思ってつないだ手を見せつければ、日和先輩は目を見開いた後、ふにゃっと笑った。
日和
日和
うん、離れないようにね
元気なかった犬が散歩だって言われて元気を取り戻した感じ。うーん可愛い!
零
レッスン2。『分け合い』だ
しばらく歩いた後、零先輩はそう言って公園に入っていった。
花梨
花梨
わー! 美味しそうなのが売ってる!
そこには、小さなワゴンのお店が出ていた。
クレープや飲み物を売っているワゴンからは、すごくおいしそうな匂いがする。
零
これはあくまでも個人的な見解だが、恋人は一つのものを分け合うことが多い
日和
日和
花梨ちゃん、これ半分こしよ?
日和先輩はグラスにハート型のストローがささった飲み物を差し出してきた。
飲み口は二つあるけど一緒に飲んだら近すぎるやつ!
良くテレビとかで「いまどき!」とかやってたやつだ!
花梨
花梨
これはちょっとはず……なにこれ美味しい!
薄ピンク色の飲み物の正体はいちごみるく。甘い味が口いっぱいに広がった。
やめられない! これは! やめられない!
零
……おい、今日の趣旨忘れてるんじゃないだろうな?
花梨
花梨
え? ……あ! 全部飲んじゃった! すみません!
日和
日和
……うんうん、美味しかったんだねぇ
日和先輩がまた悲しそうに笑ってる。先輩も飲みたかったんだろうな……。
零
……まぁいい。飲み物もそうだが、食べ物も分け合うことがある
日和
日和
クレープだね。花梨ちゃんどれにする?
やっぱり王道の生クリームかな
花梨
花梨
はい! それで! カスタードも入ってるみたいですよ!
日和先輩が私の手を引いてクレープを購入。
焼きあがっていくのを一緒に見てたら、お腹が鳴らないかすっごく心配だった。
日和
日和
ほら、花梨ちゃん、あーん
日和先輩が受け取ったクレープを差し出してくる。
匂いにつられるようにクレープを受け取ってかぶりつけば、さっきのいちごみるくとはまた違った味が口に広がった。
花梨
花梨
ん~! 焼き立て最高……!
思わず閉じてしまった目を開ければ、映ったのは宙に手を浮かせたまま悲しそうな表情を浮かべる日和先輩。
しまった。また全部食べるところだった!
花梨
花梨
はい! 日和先輩あげます! 美味しいですよ!
宙に浮いたままだった日和先輩の手にクレープを差しこむ。
花梨
花梨
このクレープ美味しいですね!? もう一個食べていいですか!?
零
……好きにしろ
日和
日和
……
零先輩たちが近くのベンチに座るのを見届けて、私もクレープを買いに行く。
日和先輩の元気がないように見える……。
花梨
花梨
……はしゃぎすぎちゃったかな……
部活だと分かっていながら楽しみすぎたのは自覚済み。
でもだって、何をやっても様になっちゃうんだもん日和先輩!
だがこのままではただ楽しんで帰っているだけになってしまう。それだけはだめだ。
花梨
花梨
日和先輩! はい! 今度のはイチゴですよ!
日和
日和
え……?
さっき学んだことを実践。
買ってきたクレープを差し出せば、日和先輩は驚いたように目を丸くする。
いつも笑みを浮かべてるから、ちょっと新鮮な表情だ。
日和
日和
食べてもいいの?
花梨
花梨
もちろんです! 一緒に食べましょ!
フルーツは疲れにもいいって聞きますし! たぶん!
零
イチゴは……効くのか?
花梨
花梨
わかりません!
零
元気だけは良いな
いつもならすぐ会話に入ってくる日和先輩が、やっぱりおとなしい。
体調でも悪いのだろうか。
花梨
花梨
日和先輩?
日和
日和
……うん、ありがとう
そう言って微笑んだ日和先輩の顔は、いつもより少しだけ幼かった。
余程疲れさせてしまったらしい。猛省すべきかもしれない。
すみません、日和先輩。
零
どうだ、座学よりは分かったか?
花梨
花梨
はい! 楽しかったです!
でも楽しかったのは事実。ありがとう日和先輩!
意外と小さな口でクレープを食べる日和先輩を拝んでおく。
零
まぁ……今日はこんなとこか。言いもらしたことは……
真剣な顔で考え込む零先輩。
こんなにいろいろ知っていてかっこよくてモテるのに、なんで先輩はこの部活にいるんだろう。
花梨
花梨
あの、一個聞いてもいいですか?
零
なんだ?
花梨
花梨
先輩たちはなんで恋愛研究部に?
誰かに誘われたんですか?
零
この部活は俺と清香で立ち上げたんだ。
日和はその時に引きずりこんだ
花梨
花梨
へ~……えっ!?
まさかの創立者!! なんで!
花梨
花梨
なん! なんでですか!?
こんなにモテるのに!?
マスターなのに!?
零
俺たちだって最初は分からなかった
零先輩は真剣な顔で首を横に振った。
零
今でも偉そうに教えてるが、友情と恋愛の違いは未だ曖昧だな
こんなに恋愛マスターな先輩でも、分からないことがあるらしい。
これは、思っていたよりもマスターになるのは難しいのでは……?
花梨
花梨
燃えますね……! 私、絶対マスターして見せます!
壁は高いほど燃えてくる! 頑張れ私!
絶対マスターして、幸せな恋愛をするんだ!