無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,215
2021/07/28

第2話

恋ってこんなに難しい!
東棟一階の奥の教室。静かなその教室では、今日も恋愛についての研究が行われている。

三年生で、学校一イケメンと言われている部長の二階堂にかいどう零先輩。

同じく三年生で超絶美人さんの副部長、神楽かぐら清香先輩。

ふわふわした髪と性格で、泣きぼくろがセクシーな二年生の広瀬ひろせ日和先輩。

そんな美男美女に囲まれた私は、恋愛マスターになるために、幸せになるために、ここ『恋愛研究部』で恋を学ぶ!
日和
日和
花梨ちゃん、かりんちゃーん
花梨
花梨
はっ!
その声とともに、目の前に現れる癒し系顔面。
日和
日和
あは、今現実逃避してたでしょ
花梨
花梨
…………いいえ
日和先輩が顔をあげたことで、私の目の前には零先輩と清香先輩の姿が映る。
二人の間のホワイトボードには、漢字がいっぱい。
清香
清香
まだ序の口よ
零
恋愛の種類は全部で六つあるんだ
【恋の種類】と大きく書かれた文字の下に、『情熱的な恋愛』『友愛的な恋愛』『利他的な恋愛』と書かれている。
これで全部かと思いきや、あと三つもあるのか……。

零先輩と清香先輩が説明してくれていたが、私はもうわかんない。
呪文の言葉にしか聞こえない。
花梨
花梨
情熱……友愛……利他……りた……?
日和
日和
花梨ちゃんの頭から煙出てるみたい
そういって日和先輩が頭を撫でてくれた。
頭撫でられたの、久しぶりかも。
前はお母さんがよく撫でてくれてたけど、最近じゃもう撫でてもらう理由もないからなぁ。
零
日和。お前、またやってるぞ
花梨
花梨
え?
呆れた声に視線を前に移せば、零先輩が腰に手を当てて日和先輩を睨んでる。
零
付き合ってもいない女性に触れるのはアウトだと何度言えばわかるんだ
日和
日和
あ、そうだった。
なんか慰めるには行動を起こすのが一番だと思っちゃうんだよねぇ
零
お前はすぐそうやって……
清香
清香
メンヘラ製造機ゆえの思考ね
花梨
花梨
メンヘラ製造機?
清香先輩の言葉を繰り返せば、清香先輩はそう。と頷いた。
清香
清香
女の人をもれなくメンヘラにする男。それが日和
日和
日和
あはは
紹介するように清香先輩が手で示すと、日和先輩は爽やかに笑ってみせた。
零
全く……笑い事じゃないぞ
日和
日和
ごめんごめん。
花梨ちゃんもごめんね。他意はないから
花梨
花梨
あ、全然。
お母さんに撫でてもらってるみたいで安心しました
私がそう素直に言えば、先輩たちは驚いた顔をしていた。
かと思えば、日和先輩はちょっと笑ってる。

え、なんで……? 高校生にもなって「お母さんに撫でてもらってるみたい」はちょっと子供っぽ過ぎた……?
清香
清香
日和は『遊戯的な恋愛』に陥りやすいわよね
花梨
花梨
遊戯!?
新しく出てきた単語に、私は思わず声を上げた。
まずいまずい、もうわからないよ……。とりあえずノート取っておこう……。
零
……キミ、テストは補習常習犯だろ
零先輩の声に、勢いよく顔をあげる。
なんで、なんで!?
花梨
花梨
なんでわかったんですか!?
零
……わかるだろう
花梨
花梨
恋愛マスターになるとそんなことまで!?
恋愛は相手をよく見ることが大事だと、一番最初に教わった。
それを極めれば、補習常習犯かまでもわかるなんて……!
日和
日和
俺もわかるよ
日和先輩が身を乗り出して顔を近づけてくる。
じっと目を見つめられて少し恥ずかしい。
な、なにがバレてるんだろう……。
見つめ返していれば、日和先輩はにっこりと笑って見せた。
日和
日和
ノートの評価だけA+
私のノートを人差し指でトン、と叩いた日和先輩。
花梨
花梨
こ、ここにも恋愛マスターが……!
日和
日和
花梨ちゃんの事、よく見てるからね。それくらいは分かるよ、俺も
爽やかに微笑む日和先輩。
その笑顔が眩しくて眩しくて……。
花梨
花梨
私も恋愛マスターになります!
声高らかにそう言えば、零先輩が驚いたような表情でこちらを見ていた。
え……? なに……?
日和
日和
花梨ちゃんは今でも魅力あるんだし、そのままでもいいんじゃない?
日和先輩は、頬杖をつきながらこちらを見ていた。
日和
日和
十分かわいいし
零
だから、お前は……
花梨
花梨
いいえ!
このままじゃ意味がない!
私は、ちゃんと恋を知るためにここに入部したんだから!
花梨
花梨
私は、相手も私も幸せになるような恋をしたいんです!
そのためには、今のままじゃダメなんです!
日和先輩と零先輩は、驚いた顔をしていた。
イケメン二人はどんな顔をしても絵になる。かっこいい……。イケメン……。
清香
清香
……花梨は優しい子なのね
清香先輩が微笑んでくれた。
美人さんに微笑まれるとなんだか得した気分になるなぁ……。
清香
清香
さて。本題に戻るわよ
清香先輩はホワイトボードに書かれた文字を示した。
清香
清香
恋愛において一番長続きしやすいのは『友愛的な恋愛』と言われてるわ
『友愛的な恋愛』は、友情に近い恋愛らしい。
お互いのことを深く知っているから、長く続くとか。
花梨
花梨
友愛……って友情と何か違うんですか?
清香
清香
境界線は人それぞれだけれど……
そうね、悲しいときに真っ先に浮かぶ人が友愛、楽しいときに真っ先に浮かぶ人が友情、かしら。私の場合は
花梨
花梨
……んんん……???
む……難しすぎる……!
恋ってこんなに難しいものなの……!?
日和
日和
花梨ちゃん、また煙出てるよ
零
日和
零先輩の低い声に顔を上げれば、日和先輩の手が宙に浮いているのをみつけた。
零
何度言えばわかる。
女性に触れるならそれ相応の節度を守り、きちんとした態度を取らねばならない
零先輩は厳しい声で日和先輩にそう言った。
モテるのに変な噂が流れてないのは、こういう態度がしっかりしてるからなのかな……。
日和
日和
相変わらず昭和おやじみたいなこと言ってる
零
ホストみたいなお前よりはましだ
日和先輩はこちらをちらりと見てきた。
目が合ったと同時に微笑む日和先輩の顔は、なんだか憎めないオーラがある。
清香
清香
はいはい。言い合いはそこまで。花梨、大丈夫そう?
花梨
花梨
……きっと、おそらく……
ノートを見ても、覚えられる気が全くしなかった。
恋ってなんでこんなに難しいの……。