無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

第三話
舞斗
舞斗
そうした方がいいよ
雅
うちのは悪の本性を映し出す技
それから話が弾み1時間後
和華
和華
嗚呼!あれは自分の爪を瞬時に出し
相手の身体を切りさく技だよ
バァーン!
全員
和華
和華
何の、、、音?
雅
向こうの神社の方!
涼
行ってみるか?
桃葉
桃葉
じゃあ雅のは?
妖を倒した日の夜

涼、舞斗の部屋
涼
久し振りだな此処に皆んなが集まるの
桃葉
桃葉
本当だよ〜いつも自分の部屋で寝てるもんね
雅
お泊まり会的な?
和華
和華
にしても今日は疲れたわ
舞斗
舞斗
久し振りに闘ったしな
涼
にしてもあの技なんだよ?
桃葉
桃葉
行こ!
神社
和華
和華
どうしました?
神社の人
むっ、、向こうに化け物が!
舞斗
舞斗
!まさか、、、
涼
最近多いなぁー
雅
いや2回目だから
桃葉
桃葉
取り敢えず行ってみよ!
タッタッタッ
和華
和華
妖!
お前ら誰だ?
雅
この妖は!今までと違う妖気!
あはは!よく気づいたね、、巫女いや言霊使いさん
雅
!何故!
舞斗
舞斗
こいつ!相手の情報が分かるのか!
涼
厄介だな
お前ら、、唯の人間じゃ無いな
和華
和華
そうよ!
お前まさか!、、(こんな所で会えるとは思わなかった)
何しに来たんだ半妖のお嬢ちゃん
和華
和華
(え?)
桃葉
桃葉
あんたを倒しに来たのよ!
あんたらに倒せるかな?
涼
そんなのやって見なきゃ分かんないだろ!
水流波_すいりゅうは_!
ひょいっ(避ける)
そんなの当たんないよ!
舞斗
舞斗
(ムカ)風流波_ふうりゅうは_!
ズサッ(肩をかすめる)
っ、、よくも!
雅
大人しくしなさい!
浄化!(矢も打つ)
バシッ(矢を捕まえる)
こんなおっせー矢が当たるかよ
雅
チッ!
舞斗
舞斗
はっ!雅俺が技を出したら矢を打て!
風流波_ふうりゅうは_!
雅
浄化!(矢を打つ)
グサッ
涼
!そうか舞斗の風に乗って矢を飛ばせば
スピードも上がる!
グワァァー!
タッタッタッ
和華
和華
逃げた!
桃葉
桃葉
追う?
雅
取り敢えず追い出したからいいんじゃない?
涼
一旦退散!
舞斗
舞斗
やばっ朝じゃん!
和華
和華
!御屋敷の人に見つかる前に戻ろ!
御屋敷
屋敷の人2
皆さん朝御飯ですよ〜、、どんな寝方してるんですか?
ぐちゃぐちゃに布団がなっている
和華
和華
ははは、、、(セーフ!)
桃葉
桃葉
すぐ行きます!
屋敷の人が去る
舞斗
舞斗
あぶねー
涼
本当だよ
雅
ギリセーフ!
新たな妖皆んなの力、、、妖が暴れているのは何故?
次回予告!
舞斗
舞斗
涼次の話は?
涼
次からは4話続けて皆んなの過去が出てくるよ!
桃葉
桃葉
次回は涼、舞斗の過去!
雅
二人は何故此処に移って来たのか!
和華
和華
次回第四話二人の過去!お楽しみに!