無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

優しい先生
長谷川 拓斗(はせがわ たくと)先生
新入生?
もしかして、教室探してる?
川上 雪音(かわかみ ゆきね)
はっ!
突然後ろから声を掛けられたので、雪音は一瞬パニック状態に陥った。

振り返れないでいると、その人は雪音の前にまわって立ち、雪音に目の高さを合わせてきた。
長谷川 拓斗(はせがわ たくと)先生
大丈夫?
ごめんね、緊張してるよね。
落ち着いて?案内するから。
川上 雪音(かわかみ ゆきね)
あ、ありがとうございます…
目を合わせられないままお礼を言って、とりあえずその人について行く。


制服じゃないな…
先生…かな?
こんな若い先生もいるんだ…


そんなことを考えていると、先生が口を開いた。
長谷川 拓斗(はせがわ たくと)先生
名前、なんて言うの?
川上 雪音(かわかみ ゆきね)
あ、川上雪音です…
長谷川 拓斗(はせがわ たくと)先生
俺、長谷川拓斗って言います。
よろしくね。
川上 雪音(かわかみ ゆきね)
は、はい!
よろしくお願いします!
先生なのに、俺って言うんだ…
あ、まぁ、そういう先生もいるっちゃいるかぁ…
長谷川 拓斗(はせがわ たくと)先生
川上さん、もしかして方向音痴なんでしょ?笑
川上 雪音(かわかみ ゆきね)
あっ、え…
方向音痴…かもしれないです…笑
長谷川 拓斗(はせがわ たくと)先生
やっぱりそうだ!
よかったね、俺がちょうど通りかかって。
川上 雪音(かわかみ ゆきね)
はい。
助かりました…
話しやすい先生だなぁ。
何の先生なんだろう??
川上 雪音(かわかみ ゆきね)
先生は_
長谷川 拓斗(はせがわ たくと)先生
着いた!
川上 雪音(かわかみ ゆきね)
あっ!
すみません、ありがとうございました!
長谷川 拓斗(はせがわ たくと)先生
あ、今なんか言おうとした?
川上 雪音(かわかみ ゆきね)
あ、いえ!
なんでも…
長谷川 拓斗(はせがわ たくと)先生
いいよ、なんでもどうぞ?
川上 雪音(かわかみ ゆきね)
あ、じゃあ…
先生は、何の教員なんですか?
長谷川 拓斗(はせがわ たくと)先生
俺はね、英語!
多分授業持つことになると思うから、よろしくね!
川上 雪音(かわかみ ゆきね)
そうなんですね!
よろしくお願いします!
長谷川 拓斗(はせがわ たくと)先生
じゃあ!
そう言って先生は走っていった。


もしかして、急いでたのかな…
時間使わせちゃったな…

でも、優しい先生だなぁ。


雪音が初対面の人とここまで打ち解けられたのは、これが初めてだった。