第10話

学校前編(宮近海斗)
986
2021/03/05 15:49
あなた

ねえねえかいとくん

宮近海斗
宮近海斗
や、あのさ結構まじで止めてほしい
あなた

なんでよ

宮近海斗
宮近海斗
バレたら俺学校に居れないしあなただって処分受けるんだから
あなた

わかりましたーかいとせんせ

宮近海斗
宮近海斗
宮近先生だろ
あなた

はいはい、みやちかせんせーー

宮近海斗
宮近海斗
帰ったらどーせ一緒なんだからそれ以上拗ねんなよ、じゃ
あなた

うん、頑張ってね

朝のホームルームが終わって海斗君は職員室に行く。
最近教育実習生の可愛い女の先生が居るんだよね…

教育実習生の面倒見るのは海斗君らしいし…
不安がよぎる。



そんな中海斗君の担当教科の理科の時間

教育実習生と一緒に教室に現れた。
宮近海斗
宮近海斗
これはこっちだからもう少しこっちじゃなきゃ
教育実習生
あ、ほんとだ
ほんとだじゃないから
宮近海斗
宮近海斗
そうそう!いいじゃん
教育実習生
そうですか?
宮近海斗
宮近海斗
うん凄く良い感じ
教育実習生
ありがとうございます!
可愛い笑顔なんか見せちゃってさ
生徒B
なんか宮近先生といい感じだよね
生徒C
わかるわかる
生徒A
若い子好きそうに見えるしね笑笑
生徒B
それなー
まあ若い子好きなのは間違いでは無い。


現に彼女はJKなんだもん。
生徒C
付き合ってんのかな?
生徒A
まっさかー
生徒B
帰りホームルームで聞いてみよっか
生徒A
ありあり!


ふーん




モヤモヤが取れないまま時は流れ帰りのホームルームに

あっという間になった。
宮近海斗
宮近海斗
はい始めるぞー
生徒A
あの先生ー
宮近海斗
宮近海斗
ん?
生徒C
先生ってさ彼女いんのー?
宮近海斗
宮近海斗
うん
生徒B
えーそれってさ教育実習の先生??
生徒A
ふーーー
生徒C
やるぅーーー
3人の生徒だけではなくクラス全体が

ざわつき出した時だった。
宮近海斗
宮近海斗
俺下心見え見えの年下興味ないからさ
真剣な顔をして私に目を合わせて言った。
宮近海斗
宮近海斗
告白させようとしてくる人より告白してくれる人の方が好きだから
生徒A
なんだーつまんなーー
生徒C
彼女さん何歳
生徒B
どーせ年下でしょー?
するどい
宮近海斗
宮近海斗
うん可愛くて礼儀正しい子だよ
っぐ


1人私はダメージを受けた。
生徒C
そもそも先生に彼女いる事が意外だったわー
生徒A
なんか先生って意外とチキンぽいし
当たってる。
生徒B
彼女さんの方から告白されてそうだしね
宮近海斗
宮近海斗
だってさ嫌われてたら怖いじゃん
生徒A
めっちゃ乙女じゃーん笑笑
生徒C
ちゃんと好きって気持ち伝えなきゃ嫌われますよ?
宮近海斗
宮近海斗
じゃあ家帰ったら伝えてみるわ
生徒B
先生単純だね
宮近海斗
宮近海斗
最近ずっと彼女との時間取れてなかったからたまにはそーゆーのもアリかなって
生徒C
乙女心知りたかったらいつでも相談してよ
宮近海斗
宮近海斗
あ、それ結構助かるかも
生徒A
任せなさい


ホームルーム中に顔を真っ赤にしてたのは内緒。


帰宅後海斗君を待ってる間告白した時のことを思い出した。
あなた

せんせ

宮近海斗
宮近海斗
ん?
あなた

なんか私せんせのこと好きっぽくて…その、どうしたら良いですか?

宮近海斗
宮近海斗
…え、あー……JK放置しとくのも怖いし一緒に住んでくれるなら
あなた

…え!それは!?

宮近海斗
宮近海斗
俺もあなたが好きだった
あなた

…え

宮近海斗
宮近海斗
生徒に気持ち行く事って本当にあるんだなって俺自身思ってる
あなた

あの、せんせ

宮近海斗
宮近海斗
ん?
あなた

一緒に住みたい

宮近海斗
宮近海斗
いや、それは笑
あなた

え?

宮近海斗
宮近海斗
学校あるうちは見つかった時やばいから
あなた

…そうだよね

宮近海斗
宮近海斗
週に4回泊まりに来るくらいにしよ
あなた

え!うん!!

宮近海斗
宮近海斗
進路決まってないんだからちゃんとそれも決めてからな
あなた

わかってるって!先生

宮近海斗
宮近海斗
ん、ならいい
頭に手を置いて微笑んでくれた。
あなた

先生に気持ち伝えるの2年以上待ったんだよ

宮近海斗
宮近海斗
え、ほんとに?
あなた

うん、我慢できなくなりそうだから卒業シーズンにと思って

宮近海斗
宮近海斗
よく我慢してたな
あなた

頑張った

宮近海斗
宮近海斗
俺もそれくらい我慢した
あなた

…え?

宮近海斗
宮近海斗
よし、ほら授業行け遅れるぞ
あなた

え、先生それってさ

宮近海斗
宮近海斗
早く行けほら
あなた

えーー

宮近海斗
宮近海斗
後でまた連絡する
あなた

うん…!



懐かしいな…

プリ小説オーディオドラマ