無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

#16.
夜、肝試し______。





脅かす側、先行はB組。



A組は2人1組で3分置きにスタート地点を出発。
ピクシーボブ
ごめんけど、B組1人だけ補習で人数が奇数なの。ってことで月夜さん、
脅かす側をB組の人達とやってくれない?
月夜(なまえ)
月夜あなた
あぁ、いいですよ
ピクシーボブの提案にあっさりと承諾した。





その後、私とペアとなった円場硬成つぶらばこうせいくんと一緒に持ち場に着いた。





1組目が通り過ぎ、2組目。



焦凍くん、爆豪くんペアだった。



驚かせると2人声を揃えて「お」と少し肩を跳ねさせた。
月夜(なまえ)
月夜あなた
2人揃って「お」って...
口元を抑えて吹き出すのをこらえるがどうしても肩が震えてしまう。



それは硬成くんも同様で...
月夜(なまえ)
月夜あなた
はぁ、本当に面白い
笑いすぎて目尻から微かに溢れた涙を人差し指で軽く拭う。
轟焦凍
そんなに笑ってくれたなら...まぁ、よかった
爆豪勝己
爆豪勝己
何が「よかった」だよ、クソ半分野郎!!!
みんなで肝試しを満喫しているといきなり硬成くんが脱力するようにその場に倒れた。





始まった・・・・



幸せが崩れる時間が。



ヒーローの卵みんなの顔が絶望に染まる時間が______。