無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

#7.
相澤消太
今日は転校生が来る
「「「ガッポォォォォォォイ!!!」」」

おぉ、うるさ←

イレイザーヘッドの言葉の後に大声で変な言葉が聞こえた
でも先生、もう夏休み前日なのに中途半端なのね
相澤消太
まぁ、その辺は気にすんな←
本当は夏休み後に転入してもらう
予定だったが思ったより強くてな、
オールマイトが早く転入させたいって言うんだ
どのくらい強いんッスか?
相澤消太
ハンデありだがオールマイトに勝った
「「「はぁぁぁ?!!?」」」

だからうるせぇよ←
相澤消太
まぁいい、入ってこい
はぁ、とため息をついてバリアフリーの大きな扉を開けて教室の中に入る

ヒーローをめざしてる人間しかいない子の教室...

胸糞悪い...←あんた口悪いよ    by.作者
月夜(なまえ)
月夜あなた
初めまして、月夜あなたです
ニコッと笑顔を振りまく

何人かの男と女の子の顔が赤く染まるのが見える

男は落としてた方が後々役に立つ

え?性格悪いって?だって敵ですから←

その時、パチッと二人の男の子と目が合った

緑色のモサっとした髪の人と金髪のツンツンヘアーの人
月夜(なまえ)
月夜あなた
、?
あ、緑髪のほう...弔くんが写真で見てた人だ

マークしてた方がいいかな