前の話
一覧へ
次の話

第1話

Prolog
「ねぇ、知ってる?」
「この世には、超能力を持った人が1人いるんだって」
「え?超能力者?」
「そうそう」
「どんなことが出来るのかな?」
「例えば飛んだり時間を止めたり」
「自分の思うようにできたり」
「え、なにそれチートじゃん」
「だから、色んな人が狙っているとか,,,,,」
「でも、噂でしよ?」
「まぁね」
「いるわけないじゃん」
「そうだよねww」
「なーんだ、つまんないの」
「いたら面白いのにね」
『人生楽しいだろうなぁー』
楽しいわけないじゃん
だって私
曇天(なまえ)
曇天あなた
みんなから追われてんだよ
作者ちゃんが通ります
作者ちゃんが通ります
はーい、どうも
作者ちゃんが通ります
作者ちゃんが通ります
,,,,,あの、小説1個消しちゃってごめんなさい!!
作者ちゃんが通ります
作者ちゃんが通ります
なんか、展開がわかんなくなっちゃって
作者ちゃんが通ります
作者ちゃんが通ります
最後の終わり方とか忘れちゃった💦
作者ちゃんが通ります
作者ちゃんが通ります
ほんとすいません!
作者ちゃんが通ります
作者ちゃんが通ります
なので、お詫びとして新しい小説出しました
(つまりこれ)
作者ちゃんが通ります
作者ちゃんが通ります
これからよろしくお願いしますね
作者ちゃんが通ります
作者ちゃんが通ります
次回予告

1話
お楽しみに