第9話

8話
曇天(なまえ)
曇天あなた
美味しい!
赤羽莉犬
赤羽莉犬
そうだね!
ただいま私
莉犬さんとカフェでお茶してます
お茶って言ってるのにパンケーキ食べてるけど,,,,,
曇天(なまえ)
曇天あなた
あ、そうだ
曇天(なまえ)
曇天あなた
気になってたんですけど、すとぷり?の皆さんの関係ってなんですか?
赤羽莉犬
赤羽莉犬
あー、仕事仲間?
赤羽莉犬
赤羽莉犬
と、幼なじみ
曇天(なまえ)
曇天あなた
お仕事って、るぅとさんが言ってた歌い手?
赤羽莉犬
赤羽莉犬
んー、まぁそんな感じのことやってるかな?
曇天(なまえ)
曇天あなた
へぇー
赤羽莉犬
赤羽莉犬
あなたちゃんは、将来の夢とかあるの?
曇天(なまえ)
曇天あなた
んー、人の役に立つ仕事がしたいなって思ってます
赤羽莉犬
赤羽莉犬
偉い
曇天(なまえ)
曇天あなた
でも、具体的にはまだ決まってないですけどね
赤羽莉犬
赤羽莉犬
例えば,,,,,お医者さんとか?
曇天(なまえ)
曇天あなた
おー、いいですね
曇天(なまえ)
曇天あなた
でも、資格とか色々取れるかな?
赤羽莉犬
赤羽莉犬
勉強すれば大丈夫!
曇天(なまえ)
曇天あなた
,,,,,勉強が苦手なんですよ
赤羽莉犬
赤羽莉犬
え?!なんの教科?
曇天(なまえ)
曇天あなた
大体の教科は,,,,,
赤羽莉犬
赤羽莉犬
え、じゃあいっつもどうやって勉強してたの?
曇天(なまえ)
曇天あなた
一応教科書読んで勉強してたんですけど、いまいちよくわなんなくって
曇天(なまえ)
曇天あなた
ほら、数学とかロシア語でも話してるのかなって
赤羽莉犬
赤羽莉犬
ロシア語www
曇天(なまえ)
曇天あなた
だってわかんないんですもん
赤羽莉犬
赤羽莉犬
ロシア語はやばいよwww
曇天(なまえ)
曇天あなた
あ、でも技術・家庭は得意ですね
曇天(なまえ)
曇天あなた
料理とか、ものを作るのが好きなんで
赤羽莉犬
赤羽莉犬
それ以外はダメと,,,,,
曇天(なまえ)
曇天あなた
ま、まぁ
赤羽莉犬
赤羽莉犬
教えてあげよっか?
曇天(なまえ)
曇天あなた
え!いいんですか?
赤羽莉犬
赤羽莉犬
うん!俺たちそれぞれ得意科目があるから
曇天(なまえ)
曇天あなた
ありがとうございます
赤羽莉犬
赤羽莉犬
じゃ、早めにやった方がいっかwww
曇天(なまえ)
曇天あなた
もう!笑わないでください!
だって、事実じゃん
数学、中学まではできたのに,,,,,
高校に入ったら一気に難しくなって,,,,,
もう、何言ってるかわかんないな
授業は真面目に受けてるんだけどな,,,,,
何がだめなんだか,,,,,
曇天(なまえ)
曇天あなた
ふぅー
赤羽莉犬
赤羽莉犬
あ!幸せ逃げちゃう!
曇天(なまえ)
曇天あなた
え?
赤羽莉犬
赤羽莉犬
ため息は、幸せを自分から逃がしてるようなもんだよ?
曇天(なまえ)
曇天あなた
はい
赤羽莉犬
赤羽莉犬
ため息ダメぇー!
曇天(なまえ)
曇天あなた
はーい
でも、なんか疲れたなぁ
まあ、引越し初日から色々とあったもんな
赤羽莉犬
赤羽莉犬
じゃ、そろそろ帰ろっか
曇天(なまえ)
曇天あなた
そうですね
赤羽莉犬
赤羽莉犬
何円だっけ
曇天(なまえ)
曇天あなた
あぁ、私も払いますんで!
赤羽莉犬
赤羽莉犬
大丈夫!女の子に払わせる男なんて居ないよ
赤羽莉犬
赤羽莉犬
ここは俺が払うから、先外出てて
曇天(なまえ)
曇天あなた
はい、ありがとうございます
赤羽莉犬
赤羽莉犬
全然
ん?お金どうしてるかって?
なんか、お兄ちゃんから仕送りが届くんだよ
大丈夫って言ってるのに,,,,,
そろそろ私もアルバイトした方がいいのかなぁ
なんかこの近くにあるかな?
,,,,,,,,,,,,,,,あった!えーっと、コンビニかぁ
なんかふつーだなぁ
あ!居酒屋だって
まかないもあって、月給でも時給でも受け取れるんだ
へぇー、いいかも
一応、電話っ!
曇天(なまえ)
曇天あなた
📞もしもーし
働いてる人
📞はい、こちら○○店でございます
曇天(なまえ)
曇天あなた
📞あの、アルバイト募集中って聞いたんですけど,,,,,
働いてる人
📞あ、アルバイトを希望していますか?
曇天(なまえ)
曇天あなた
📞はい!
働いてる人
📞では、××日に店にお越しください
面接を行います
曇天(なまえ)
曇天あなた
📞はい
曇天(なまえ)
曇天あなた
📞なんか、持っていった方がいいものとかありますか?
働いてる人
📞えー、特には
曇天(なまえ)
曇天あなた
📞はい!わかりました
働いてる人
📞では、××日に店でお待ちしております
曇天(なまえ)
曇天あなた
📞はーい
ガチャ
赤羽莉犬
赤羽莉犬
誰に電話してたの?
曇天(なまえ)
曇天あなた
わっ!え、えーっとそのぉー
これ、アルバイトとか言ったら反対されるよな
曇天(なまえ)
曇天あなた
友達です
赤羽莉犬
赤羽莉犬
えぇ〜、でも『店でお待ちしております』とか言ってたけど,,,,,
曇天(なまえ)
曇天あなた
うぅ、なんでもないです,,,,,
赤羽莉犬
赤羽莉犬
嘘つけぇー!
曇天(なまえ)
曇天あなた
,,,,,
赤羽莉犬
赤羽莉犬
教えてごらん?
曇天(なまえ)
曇天あなた
あ,,,,,アルバイトです,,,,,
赤羽莉犬
赤羽莉犬
うえぇ!アルバイト?!
なんで?
曇天(なまえ)
曇天あなた
いや、そろそろ自分で働いて稼ごっかなって
赤羽莉犬
赤羽莉犬
,,,,,,,,,,なんか、なーくんとか心配しそう
曇天(なまえ)
曇天あなた
ですよねぇ
心配されると、ほんとになんにも出来なくなっちゃう,,,,,
曇天(なまえ)
曇天あなた
あの、このことは内緒で
赤羽莉犬
赤羽莉犬
うん!わかった
はぁ〜良かった
赤羽莉犬
赤羽莉犬
その代わり、俺の言うこと何個か聞いてね
曇天(なまえ)
曇天あなた
え、
曇天(なまえ)
曇天あなた
例えばどう言う,,,,,
赤羽莉犬
赤羽莉犬
一緒に買い物行こうとか、ご飯作ってとか
まぁ、そんな感じならいいや
曇天(なまえ)
曇天あなた
はい!
赤羽莉犬
赤羽莉犬
約束ね
曇天(なまえ)
曇天あなた
約束します
こうして、莉犬さんと私は
謎の契約(?)を交わしたのであった
作者ちゃんが通ります
作者ちゃんが通ります
うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
作者ちゃんが通ります
作者ちゃんが通ります
はい!
作者ちゃんが通ります
作者ちゃんが通ります
次回予告

9話
お楽しみに
↑話すネタが無くなった奴