無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

8話。
ドサッ
私は今何が起きているのかさっぱり分からなくなっていた。
テヒョン
テヒョン
チュッ、チュッ、チュッ
あなた

んっ…///

テヒョン
テヒョン
ねぇ、あなた…。なんであなたはさ…俺のこと好きになってくれないの?
あなた

え…?

テヒョン
テヒョン
だってさ、あなたは俺の気持ち全く気づいてくれないしグクとかと仲いいし…
あなた

もしかしてしっt((

テヒョン
テヒョン
チュッ、それ以上いったらもっとするよ?ㅋㅋ
あなた

や、やだぁ…

テヒョン
テヒョン
やなのー?ㅋㅋ
あなた

うん……

テヒョン
テヒョン
んじゃあなんでこここんなに濡れてるの?ㅋㅋ
あなた

そッ、それは言わないでよ…///

テヒョン
テヒョン
わざと言ったㅋㅋ
あなた

もぅっ…///

テヒョン
テヒョン
ねぇ、ここ触っちゃだめ…?
あなた

だめ…

テヒョン
テヒョン
こんなに濡れてるのに…?ㅋㅋ
あなた

だッ、だめ///

テヒョン
テヒョン
そんなに嫌がるかよㅋㅋ
あなた

ごめんごめんㅋㅋ

チュッ
テヒョン
テヒョン
そういう所も好き…
あなた

(//・_・//)カァ~ッ…

でも…










ほんとに好き……。




next