無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

6話。
??
んんッ…誰だぁ…?
あなた

うわっ?!びっくりしたぁ!

ユンギ
それ、こっちのセリフ笑笑まずここでなにしてんの笑笑
あなた

私はちょっと…笑笑

ユンギ
ん?なんかあったの?笑笑
あなた

まぁ笑笑

あなた

そう言えば、なんで先輩はここへ?

ユンギ
んー、ちょっとまぁ…サボり的な?笑笑
あなた

サボりですか笑笑

ユンギ
うん笑笑
あなた

なんか、先輩と話したの初めてなきがします笑笑

ユンギ
うん笑笑だって年下と初めて喋ったもん俺笑笑
あなた

あッ!そうなんですか?!

ユンギ
うん笑笑嬉しい?笑笑
あなた

はいッ!

ユンギ
……え?///
あなた

あっ…いや…(//・_・//)カァ~ッ…

ユンギ

あぁ…もう…なんかこの環境居づらい!なんか違う話しよう!
あなた

そ、そうですねッ!

ユンギ
あー、んじゃあジン先生のことどう思ってる?
あなた

えー笑笑ジン先生ですか?笑笑

ユンギ
うん笑笑
あなた

なんか変な先生だなーって笑笑

ユンギ
変って笑笑
あなた

なんかあの人には『変』っていう文字しか頭に浮かび上がらないです笑笑

ユンギ
まぁ、それは分かるわ笑笑
あなた

ですよねぇ笑笑

ユンギ
んじゃあ、次ね
ユンギ
いつまで、保健室にいる?
あなた

え?

ユンギ
あッ、あのさ、まだ…









一緒に喋っていたいから…///




あなた

あ…全然まだ戻る勇気が出ないんで、まだ遠分行かないと思います笑笑

ユンギ
ふふっㅋㅋやったぁ!笑笑
この時の先輩の顔が…












凄く可愛いと思ってしまった
















自分がいた____








私ったら…
















どうしてしまったのだろう___

next