無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

31日目
緋山美帆子
緋山美帆子
あ〜頭痛い
白石恵
白石恵
あ、緋山先生。昨日のタクシー代払って
緋山美帆子
緋山美帆子
タクシー代?何それ?
白石恵
白石恵
覚えてないの。昨日飲みまくって桜井先生と一緒に寝ちゃったの。それで私が2人を家に届けてあげた
緋山美帆子
緋山美帆子
あ、白石だったんだ。ありがとね
白石恵
白石恵
お礼はいいからタクシー代ちゃんと払ってね
緋山美帆子
緋山美帆子
まゆは?払った?
白石恵
白石恵
ちゃんと払ったよ
緋山美帆子
緋山美帆子
…分かった。後で必ず渡す
白石恵
白石恵
よろしく…じゃあまた
緋山美帆子
緋山美帆子
え、どこ行くの?
白石恵
白石恵
ICU。この間運ばれてきた患者さんが気になって
緋山美帆子
緋山美帆子
うわ〜…優等生
桜井まゆ
はぁ…久々にあんな飲んだ………
緋山美帆子
緋山美帆子
あ、おはよ〜さん。二日酔い?
桜井まゆ
そう…それに今日フライト予定だし…
緋山美帆子
緋山美帆子
う〜わ、災難だったね。誰かに代わってもらえば?
桜井まゆ
なんて言うの?二日酔いで気持ち悪いからヘリのフライト代わってくださいって?そんなの恥ずかしくて言えない
緋山美帆子
緋山美帆子
あ、うちに頼まれても二日酔いだから無理
桜井まゆ
誰にも代わってもらわないよ。大丈夫、二日酔いの薬飲んだから
緋山美帆子
緋山美帆子
ん、そっか。まぁ吐くまで頑張れ
桜井まゆ
吐くのが最終過程なの……
藍沢耕作
藍沢耕作
桜井、橘先生が呼んでる
桜井まゆ
橘先生が?この頃よく呼ばれんな〜…
緋山美帆子
緋山美帆子
何、何かやらかしたとか?あ、私より上に上がったら承知しないから
桜井まゆ
そういう話じゃないって。藍沢先生、ありがと。じゃ、行ってくる
緋山美帆子
緋山美帆子
行ってらっしゃ〜い!
ー部長室
部長室に入ると珍しい人物が座っていた
桜井まゆ
え、新海先生?!
新海広紀
新海広紀
あ、お久しぶりです。桜井先生
桜井まゆ
お久しぶりです…え、橘先生、ほんとに私呼びました?普通なら藍沢先生とかなんじゃ…
橘啓輔
橘啓輔
いや、2人に伝えたいことがあって呼んだ
桜井まゆ
伝えたいこと…?いい話ですか?悪い話ですか?
橘啓輔
橘啓輔
普通な話だ。とりあえず座ってくれ
桜井まゆ
……分かりました。失礼します
そう言って新海先生と少し距離を置き座った
橘啓輔
橘啓輔
まずは深海。お前に外国からお達しが来てるぞ
新海広紀
新海広紀
もしかして…あれですか?
橘啓輔
橘啓輔
そうだ。よくやったな
そう言って橘先生が内ポケットから1枚の封筒を取りだし新海先生の前に置いた
桜井まゆ
何ですか?それ
新海広紀
新海広紀
桜井先生には関係ない事です。それじゃ失礼します
新海先生はそそくさと封筒をポケットにしまい込んだ後、部長室を出て行った
橘啓輔
橘啓輔
次に桜井、この書類を見てくれ
桜井まゆ
失礼します
目の前のテーブルに1枚のファイルが置かれ中を見てみると"University of Michigan Hospital"と書かれていた
桜井まゆ
ミシガン…
橘啓輔
橘啓輔
そう。アメリカのミシガン大学病院がお前を欲しがってる。それも救命の部長職に、だ
桜井まゆ
は?!
橘啓輔
橘啓輔
聞こえなかったか?
桜井まゆ
いや、英文見たらそりゃ分かりますけど…何で私が?順番的に言えば白石先生や藍沢先生でしょ?
橘啓輔
橘啓輔
順番とか関係なく向こうが欲しがってるのはお前だ、桜井。この話、決して悪い話ではないと思うぞ。向こうなら日本ではめったに出会えない珍しい症例の患者と出会えて世界初症例、なんて論文書けるかもしれないぞ
桜井まゆ
……お断りします
橘啓輔
橘啓輔
何で。絶好のチャンスをふいにするのか?
桜井まゆ
私は症例とかあんまり重要視してません。私が医者になったのは論文を書くんじゃなくて1人でも多くの命の患者さんを助けたかったからです。それに今私が受け持っている患者さんが完治しない限りはここから離れるつもりはありません
橘啓輔
橘啓輔
まぁまぁそう言わずにさ、決断はもう少し後でもいいんじゃないか?先方も少しは待ってくれるはずだ。もう1回ちゃんと自分の将来のことも含めて考えてこい
桜井まゆ
……失礼します
ー医局
桜井まゆ
はぁ……
はぁぁぁぁぁ…………
緋山美帆子
緋山美帆子
何、まゆ。もう朝からため息疲れるとこっちまでエネルギーなくすんだけど。なんか橘先生の元から帰ってきてから元気なくない?どうしたの
桜井まゆ
……緋山先生、私がいなくなったら寂しい?
緋山美帆子
緋山美帆子
全然
桜井まゆ
……そこは嘘でも寂しいって言って欲しかった…
緋山美帆子
緋山美帆子
はいはい、寂しいよ
桜井まゆ
…アメリカの病院からスカウトされた
緋山美帆子
緋山美帆子
は?!
桜井まゆ
…部長室行ったら新海先生もいて多分2人とも海外の病院からのお達しだと思う
緋山美帆子
緋山美帆子
え、どゆこと?
桜井まゆ
…アメリカのねミシガン大学病院っていってめちゃくちゃ有名な病院なんだけどそこの救命部長職に私を欲しいって
緋山美帆子
緋山美帆子
え、引き受けたの?
桜井まゆ
まだ。というかお断りしますって言ったんだけど橘先生は今後の将来のことについても考えて来いって退けられちゃってさ…確かにこれからの事を考えてみれば珍しい症例とか難手術を成功させたとかそういうの大切なんだろうけど…私が医者になったのってそういう理由じゃないし
緋山美帆子
緋山美帆子
私だったら速攻引き受けてる
桜井まゆ
何で?
緋山美帆子
緋山美帆子
だって向こう行けば出世コースまっしぐらよ?行かない道はない
桜井まゆ
緋山先生に聞いた私がおかしかったかも
……やっぱり行きたくないな…ここの病院で死ぬまで働きたい
緋山美帆子
緋山美帆子
う〜わ、仕事人間って感じだね
桜井まゆ
まぁ適度に休みながらね。ここの病院楽しいし…
緋山美帆子
緋山美帆子
ふ〜ん、まぁ本人が行きたくないって言えば橘先生だって無理には行かせないと思うけど
桜井まゆ
だよね…じゃまた今度そう伝えに行こうかな…ありがと。揺れてた心が元に戻った
緋山美帆子
緋山美帆子
そりゃ良かった。けど新海先生も同じ内容のこと受け取ってたら絶対行くだろうね。あの人はまゆと正反対で症例重視って感じするもん
桜井まゆ
後、藍沢先生とかも
三井環奈
……こんにちは
桜井まゆ
三井先生っ!
緋山美帆子
緋山美帆子
お久しぶりです…
三井環奈
……桜井先生、ちょっといい?
桜井まゆ
…分かりました