無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

30日目
桜井まゆ
病院長のね
桜井まゆ
分かってるって。じゃ頑張って
そう言って通話を切り珈琲の最後の一口を飲み干した
ー病院


緋山side
ーまゆの家
桜井まゆ
ん〜…っ!ひっさびさに寝坊出来た…
朝、いつもの時間の2倍ほど遅く起きた後、ベットから抜け出し普段は見れないテレビ番組を見ていると携帯に着信が入った
桜井まゆ
もしもし?
緋山美帆子
緋山美帆子
あ、まゆ?
桜井まゆ
緋山先生?何、どうしたの?休日出勤?
緋山美帆子
緋山美帆子
そうじゃなくて。久々の休日でしょ?何やってんのかな〜って
桜井まゆ
さっき起きた
緋山美帆子
緋山美帆子
おぉ…
桜井まゆ
何その反応っ!自分から聞いといたくせに…
緋山美帆子
緋山美帆子
今日はフライトの予定もないし、仕事終わったら久々に女子会したいんだけど予定空いてる?まぁまゆのことだから男との約束はないだろうけど
桜井まゆ
最後の言葉は余計だけど空いてるよ。女子会って…他に誰誘うの?
緋山美帆子
緋山美帆子
ん〜?白石とか…横峯とか…その他諸々
桜井まゆ
ほんとに女子会なんだ…
緋山美帆子
緋山美帆子
そう、いつものBARで7時に集合
桜井まゆ
7時ね。了解、寝てなければ行くわ
緋山美帆子
緋山美帆子
まだ寝るの。うち今パソコンとにらめっこしてんだけど
桜井まゆ
そりゃ仕事だもん。というか仕事中だったの。ほら、仕事に戻った戻った〜!
緋山美帆子
緋山美帆子
はいはい、にしても今日橘先生からいきなり大量の事務仕事任されて肩痛いわ
桜井まゆ
あぁ…今部長職ぐらいの人達バタバタしてるよね
緋山美帆子
緋山美帆子
そうそう、誰かの選挙ってやつで
桜井まゆ
病院長ね
緋山美帆子
緋山美帆子
あ、そうそう。それのやつでドタバタしてて。ったく…フェローは机で雑談してやがる
桜井まゆ
口悪いよ、緋山先生。それにあの子達にパソコン作業を安心して任せられる?
緋山美帆子
緋山美帆子
無理、絶対嫌。断固拒否するね
桜井まゆ
そういうこと。じゃ休日に戻らせて〜。また明日ね
緋山美帆子
緋山美帆子
は〜い、じゃ7時。絶対来てよ
あ……
緋山美帆子
緋山美帆子
ん?あぁすみません。ここは医局で一般の人達は入れないんです。何か?道に迷った、とか?
あ、いや。そうじゃなくて…桜井先生、今いますか?
緋山美帆子
緋山美帆子
あ〜桜井先生は今日はお休みです。明日ならいると思いますけど…あ、何か届けたい物があるのなら今日私会うのでその時渡せますけど…
ほんとですか?!ありがとうございます…!なら、この封筒を桜井先生にお渡し願いますか?
緋山美帆子
緋山美帆子
これですね。わっかりました!
ありがとうございます…
緋山美帆子
緋山美帆子
いえいえ。にしてもよくここまで辿り着けましたね。医局って結構フロアの中でも奥の方にあるんですけど
あ、ロビーの案内図で…
緋山美帆子
緋山美帆子
あぁ…ロビーの案内図…なんかに医局の場所まで書いてあったかな……
あ、じゃあ私、この辺で失礼します
緋山美帆子
緋山美帆子
ん?あ、はい。封筒、桜井先生にちゃんと渡しておきますね。お気をつけて
白石恵
白石恵
…ふぁ…あれ、誰か来客?
奥の仮眠室で仮眠を取っていた白石が眠そうに欠伸をしながら医局に戻って来た
緋山美帆子
緋山美帆子
ん?あぁ…一般の人。まゆにこの封筒渡しておいてって頼まれちゃった
あ、白石〜今日の女子会来るよね?
白石恵
白石恵
女子会って名前だけで中身は単なる飲み会でしょ?緋山先生の愚痴付きの
緋山美帆子
緋山美帆子
はいはい、そんなことはどうだっていいの
来るよね?
白石恵
白石恵
ん〜仕事片付いたら行くわ
緋山美帆子
緋山美帆子
はぁ…誰か絶対行くっ!っていう人現れないかな〜…
白石恵
白石恵
まゆには?今日は休みでしょ?
緋山美帆子
緋山美帆子
連絡済みだよ。寝てなかったら来るって
白石恵
白石恵
ふっ…まゆらしい。他に誰誘うの?
緋山美帆子
緋山美帆子
フェロー誘おうかな〜…って
白石恵
白石恵
横峯先生と雪村さんなら下の処置室で後片付けしてるけど
緋山美帆子
緋山美帆子
マジで?!2人ゲット出来るチャンスじゃん。ちょっと行ってくるから私の机に置いてある書類、片付けといて
白石恵
白石恵
え?!ちょっ!
緋山美帆子
緋山美帆子
よろしく〜
白石の慌てた声を聞きながら医局を出て処置室に向かった
ーBAR
緋山美帆子
緋山美帆子
かんぱ〜い!
横峯あかり
横峯あかり
乾杯〜!!いやぁ…まさかいきなり女子会するなんて思いませんでしたよ〜!
白石恵
白石恵
ほとんど緋山先生の愚痴でいつも終わるけどね…
桜井まゆ
緋山先生、フェロー2人ともゲット出来たんだ
緋山美帆子
緋山美帆子
そうそう!2人とも話したらすぐ食いついてくれて
雪村双葉
雪村双葉
いや私は横峯先生に半ば無理やり来させられたんですけど…
緋山美帆子
緋山美帆子
そんな細かいことどうだっていいの!
あ、酔う前にまゆにほい!
桜井まゆ
うわっと…何この封筒
というか酔う前提なのね……
緋山美帆子
緋山美帆子
今日医局に来た人がまゆにそれ渡して欲しいって。何、ラブレターだったりして
桜井まゆ
なわけないでしょ
ん〜…とこれは手紙、かな?
緋山美帆子
緋山美帆子
おっ!ラブレターの可能性大?
桜井まゆ
…緋山先生もう酔ったの?
緋山美帆子
緋山美帆子
酔ってないよ〜単に同僚に来た手紙の内容が気になるだけ
桜井まゆ
これ完全に酔ってる…
ん〜っと、うわぁ達筆
白石恵
白石恵
ほんとだ。書道家みたい
横峯あかり
横峯あかり
こんなすんごい友達、桜井先生にいたんだ…
桜井まゆ
いや、いないと思うけど…
手紙を開くと何枚かに渡って達筆な文字でたくさん感謝の言葉が寄せられていた
桜井まゆ
ん?内縁って…何?
白石恵
白石恵
内縁って確か婚姻届出てない人達が同居してる、みたいなやつだっけ?
桜井まゆ
へぇ…というか何でそんなの知ってんの。内縁の意味知ってる人なんか少ないと思うんだけど
白石恵
白石恵
前にそういうちょっとお抱えごと持ってる人に会ったの。その時ちょっと調べた
桜井まゆ
へぇ…
横峯あかり
横峯あかり
その内縁がどうしたんですか?
桜井まゆ
いや、ここにね。内縁の妻ですって…ほら…
緋山美帆子
緋山美帆子
ほんとだ。何、結婚する前に不倫?
桜井まゆ
さぁ…パッと見た感じだと内縁の妻で夫を助けてくれてありがとうございましたって言う感じのやつ
白石恵
白石恵
あぁ…患者の家族からの手紙ね。よくあるよくある
横峯あかり
横峯あかり
よくあるんですか?!私、1枚も貰ってないですけど
雪村双葉
雪村双葉
あれ、前に1度小児科に入院してた男の子から手紙と似顔絵貰ってたじゃないですか。ほら、研修中の時に
横峯あかり
横峯あかり
え?!あれは手紙に含まれないでしょ…だって書いてあるの"横峯先生ありがとう"だけだったよ?
桜井まゆ
立派な手紙よ…それ
横峯あかり
横峯あかり
あ!そうなんだ…え、捨ててないかな…
雪村双葉
雪村双葉
患者さんからの手紙捨てるなんて…
横峯あかり
横峯あかり
いや!捨ててない可能性もあるから!
桜井まゆ
子供から似顔絵とか貰った時ほんとに医者やってて良かった〜っ!って思うわ
白石恵
白石恵
特に下積み時代の時なんかは…
緋山美帆子
緋山美帆子
はいはい、おばさん達はおいといて。手紙他に何も書いてないの?
桜井まゆ
ん?うん。感謝の内容だけ
そう言って緋山先生に手紙を見せる
緋山美帆子
緋山美帆子
な〜んだ、お見合い話でも出してくるかと思ったのに
桜井まゆ
いや、助けただけでお見合いなんか出すわけないでしょ…というかお見合話なんていつの時代よ…
横峯あかり
横峯あかり
私帰ったら患者さんから貰った手紙探そうかな…
桜井まゆ
そうして
ん〜っ!このお酒美味しい…
白石恵
白石恵
緋山先生もまゆも飲みすぎないようにね。明日も2人とも仕事入ってるんだし
緋山美帆子
緋山美帆子
大丈夫だって。いつも酔ってないでしょ
白石恵
白石恵
酔ってるから言ってんの…
桜井まゆ
これお代わり下さい!めちゃくちゃ美味しい…
白石恵
白石恵
あぁ…
ーその後
2人とも誰かさんにタクシー代を払わせ帰途についたのだった……